未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い 東星渡部建設 伊藤佑哉さん

2019年02月04日 07時00分

大きな現場持てるように

伊藤佑哉(いとう ゆうや)さん

 東星渡部建設(本社・弟子屈)に入社して2年目。河川の現場で測量業務に励んでいる。「間違えないよう何度も確認する」。寒さに負けず、懸命に作業に当たっている。

 釧路工高建築科在学中は「変わった建築物を見掛けると、面白さを感じていた」。だが、同社が施工した道横断道阿寒IC新設の現場を見学したのをきっかけに、土木に興味を持った。

 釧路市出身。はじめは市周辺の会社に就職しようと考えていたが、「現場を見学して土木に興味を持った縁で、この会社にしたいと思った」。「仲が良くてにぎやか。なじみやすい会社」と明かす。

 「自分が使っている高速道路が、うちの会社で施工したのかと思うと、うれしい」と話す。土木の現場に入り、「一つの現場でも河道の掘削やブロックの設置、舗装など違う工種があり、規模が大きい」と、建築との違いを感じている。

 徐々に仕事に慣れ、任されることが増えた。現在は補助員を務める。「ゆくゆくは現場代理人として、大きな現場を持てるようになりたい」と意欲を見せる。

 「天気が悪くなったりすると予定通りに進まないこともある。臨機応変に動けないと務まらない」と考えている。現場代理人を見て「すごいと思うし、尊敬する。いずれ自分もならなければ」との思いを胸に、前向きに仕事に取り組んでいる。

 1998年11月20日生まれ。休日は友人とのドライブを楽しんだり、ギターを弾いたりして過ごす。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,072)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,406)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,732)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,017)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。