未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い 東星渡部建設 伊藤佑哉さん

2019年02月04日 07時00分

大きな現場持てるように

伊藤佑哉(いとう ゆうや)さん

 東星渡部建設(本社・弟子屈)に入社して2年目。河川の現場で測量業務に励んでいる。「間違えないよう何度も確認する」。寒さに負けず、懸命に作業に当たっている。

 釧路工高建築科在学中は「変わった建築物を見掛けると、面白さを感じていた」。だが、同社が施工した道横断道阿寒IC新設の現場を見学したのをきっかけに、土木に興味を持った。

 釧路市出身。はじめは市周辺の会社に就職しようと考えていたが、「現場を見学して土木に興味を持った縁で、この会社にしたいと思った」。「仲が良くてにぎやか。なじみやすい会社」と明かす。

 「自分が使っている高速道路が、うちの会社で施工したのかと思うと、うれしい」と話す。土木の現場に入り、「一つの現場でも河道の掘削やブロックの設置、舗装など違う工種があり、規模が大きい」と、建築との違いを感じている。

 徐々に仕事に慣れ、任されることが増えた。現在は補助員を務める。「ゆくゆくは現場代理人として、大きな現場を持てるようになりたい」と意欲を見せる。

 「天気が悪くなったりすると予定通りに進まないこともある。臨機応変に動けないと務まらない」と考えている。現場代理人を見て「すごいと思うし、尊敬する。いずれ自分もならなければ」との思いを胸に、前向きに仕事に取り組んでいる。

 1998年11月20日生まれ。休日は友人とのドライブを楽しんだり、ギターを弾いたりして過ごす。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,680)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,502)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,469)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,269)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,098)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。