寿都町の風力発電事業 21年12月に着工

2019年02月04日 15時00分

 寿都町は、樽岸町浜中地区に計画する仮称・寿都町風力発電事業に関し、2020年5月から実施設計に取り掛かり、21年12月に着工、22年12月に運転開始する予定だ。風力発電機を2基設置し、最大出力は3980㌔㍗(1基当たり1990㌔㍗)となる。

 同事業は既存の町営風力発電所が更新期を迎えたため、18年度から更新に向けた手続きを開始。環境影響評価法の対象ではないが、地域住民への周知と理解を深めるため、自主的に環境影響評価を実施している。準備書は東洋設計が作成した。

 縦覧開始した環境影響評価準備書によると、20年度の5―3月で実施設計をまとめ、21年度の5―9月で造成、同7―10月で基礎を進める。

 電気は21年5月から22年9月までの17カ月、据え付けは22年5―9月の5カ月を予定。22年9月から4カ月間の試運転を経て、12月の運転開始を目指す。

 発電機はドイツのエネルコン社製で、寸法はローター直径92m、地上高は最高点が124m。

 風車据え付けに必要な造成面積は、1基当たり約3000m²。基礎は直接基礎か杭基礎から選択する。据え付けは現地組み立てで、ブレード3枚を取り付けた状態からクレーンでつり上げる。

 電気・計装工事では、風車内配線や受変電設備設置、送電経路架設・敷設を予定している。工事用道路は、既設の町道浜中道路線を利用する。

 今後は、環境アセスメントの手続きと同じく、評価書の作成・縦覧を進める。事業費は明らかにしていないが、同町が10―11年度の2カ年で整備した風太風力第2発電所は、2基設置に総事業費約19億円を投じている。


関連キーワード: エネルギー 道央

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 東宏
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,899)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,623)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,037)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,655)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,433)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。