目標額達成し新型ロケット開発へ 大樹町のGCF

2019年02月05日 12時00分

 大樹町がロケット開発や打ち上げ環境整備支援を目的に開始したガバメントクラウドファンディング(GCF)が、目標金額の4000万円を達成した。寄付金は町内に本社を置くインターステラテクノロジズ(IST)に補助金として全額交付し、新型機の開発や工場の新築・増築費用に充ててもらう。

 GCFは地方自治体が地域活性化に関わるプロジェクトを立ち上げ、共感した人から資金を募る。通常のCFと異なり、ふるさと納税の仕組みを活用するため寄付金に応じて寄付者の住民税などが一部控除される。同町では初の試みとなる。

 町は昨年12月14日にGCFを開始した。間もなく町のホームページにアクセスが集中し、中には高額の寄付者も。開始6日後の時点で14人の寄付者から4075万円を集めて目標を達成。その後もさらに募り、最終的に26人から4211万円が寄せられた。

 大樹町の酒森正人町長は「年度途中で開始し、1カ月半という短期間だけに不安もあったが達成できてうれしい。来年度以降もGCFを実施する」と明かした。

 ISTの稲川貴大社長は町の取り組みに感謝し「寄付金はMOMO3号機の次に飛ばすロケットの開発に充てる。次年度以降のGCFは射場や工場整備など地域活性化のために使いたい」と話した。


関連キーワード: 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,082)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,924)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,135)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,729)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,491)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。