日常的な地域情報を発信 「FM ABASHIRI」が開局

2019年02月11日 12時00分

 早水組(本社・網走)の子会社である「LIA」は1日、コミュニティFM放送局「FM ABASHIRI」の開局式を開き、放送をスタートした。周波数は78・7MHz。日常的な地域の情報や災害時の情報を発信する。

 早水組は2018年9月1日で創業70周年を迎えた。地域に恩返しがしたいという思いと、地域住民からラジオ局を求める声があり開局を決めた。オホーツク管内では08年に開局した「FMオホーツク」に続いて2番目の開局となる。

 放送エリアは網走市内の1万7889世帯で99.2%をカバーし、大空・小清水町の一部地域でも聴くことができる。放送は平日の午前7時半から午後7時まで。天気予報や音楽、イベント、災害情報などを発信する。

 放送はLIAの運営スタッフ4人と、ボイスオブオホーツクスカイ所属のアナウンサー4人の計8人で番組を制作する。

特別番組を放送するLIAのスタッフら

 開局式でLIAの斎藤昌基放送局長は「放送の公共性と社会的責任の重要性を認識し、放送の責任を全うすることを誓う。地域とともに成長し、網走のために素晴らしい放送局にしていく」とあいさつした。

 水谷洋一市長は「3万6000人の市民が1人1回は電波に声が流れるような地域に愛されるFMになってほしい」と期待した。

 放送は正午から開始。開局特番として水谷市長や早水誠社長らが出演して開局への思いを語った。


関連キーワード: 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,113)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,479)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,451)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,307)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,087)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。