さっぽろ雪まつり大通会場もスタート 馬産地応援雪像も

2019年02月04日 20時00分

 4日開幕した第70回さっぽろ雪まつりの大通5丁目会場東側に、純白のサラブレッドが姿を現した。札幌商工会議所建設部会が参加する、さっぽろ雪まつり大雪像制作委員会第1雪像制作部会が手掛けた。北海道胆振東部地震で被災した北海道を力強く駆ける姿が、開催期間の11日まで訪れた人たちを魅了する。

 1月7日の雪輸送開始を皮切りに作業を開始し、ことしも、建設部会の田中組や勇建設、伊藤組土建、岩田地崎建設などが参加。3日の雪像引き渡し式を経て、4日にオープンした。

 高さ12m、奥行き13m、横幅16mの大雪像のテーマは「北海道を駆ける!サラブレッド」。北海道が一大産地の競走馬2頭を表現し、復興への思いを込めた。札幌市時計台や、羊ケ丘展望台のクラーク博士像などの観光地を背景に、北海道の魅力を表した。

胆振東部地震復興への思いを込めた大雪像(3日の引き渡し式の様子)

 ことし初めて隊長を務めた、自衛隊OBの佐藤弘さんは「馬の立体感や躍動感、筋肉が盛り上がる様子をぜひ見てほしい」と話す。「被災した馬産地に少しでも元気を与えられれば」と願う。

 参加3年目となる岩田地崎建設の斉藤正啓さんは「期限までに完成させる上で大事なのは、やはりチームワーク」と振り返る。ことしも、第1雪像制作部会ならではの力を結集した大雪像となった。


関連キーワード: さっぽろ圏 胆振東部地震 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,080)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,414)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,742)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,029)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。