札幌工高生がガス圧接体験 道圧接業協組の出前講座で

2019年02月06日 18時00分

 北海道圧接業協同組合は1日、札幌工高で出前講座を開き、鉄筋継ぎ手のガス圧接体験を通じ、ものづくりの素晴らしさを伝えた。

 同講座は、深刻化する若年技術者不足への対応と、圧接の認知度を上げ、興味を持ってもらおうと実施したもの。建築科2年生79人を対象に、組合員9人が座学と実技の両方を指導した。

組合員の指導の下、初めてのガス圧接に取り組む生徒ら

 座学では山田賢悟副理事長が「きょうの講座を通じて若い人たちがガス圧接に関し興味を持ってもらえれば」と話し、ガス圧接の原理、利点などを説明。

 実技を前に、大嶋忠裕理事長は「ガス圧接は80年くらいの歴史があり、学校やJR、ダムなど国内の構造物の約7割を占める技術」と説明。組合員の指導の下全員がバーナーを用いて25㍉の鉄筋圧接を体験した。

 体験した女子生徒は「ガスを使うので怖かったが、隣で指導してくれたので安全に動かすことができて楽しかった」と話したほか「楽しい。またやりたい」と興味を示す生徒も。

 同校の佐伯健一建築科長は「圧接について授業では教えていたが、実技まで教えることはないので、生徒たちが実際に体験できてよかった」と話していた。


関連キーワード: フレッシュ 人材育成

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,262)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,577)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,413)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (2,196)
札幌・北3東11周辺再開発 22年春全面開業へ
2019年04月16日 (1,836)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第158回は「サウナと二日酔い」。酔いを醒ます効果はなく、逆に心筋梗塞などを引き起こす危険があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。