斜里高に協賛企業賞 地方創成アイデアコンテスト

2019年02月10日 12時00分

 昨年12月に東京都内で開かれた、内閣府地方創生推進室主催の「地方創生☆政策アイデアコンテスト2018」の最終審査会にファイナリストとして斜里高が出場し、協賛企業賞を獲得した。本道の代表が全国大会に出場したのは、2016年度の小樽商大に続き2回目となる。

入賞した斜里高の生徒

 このコンテストは、人の流れや産業構造など官民のビッグデータを可視化できる「地域経済分析システム(RESAS)」を活用して、地域活性化へのアイデアを高校生・中学生以下と大学生以上・一般の部門に分かれて競い合うもの。15年度に始まり、18年度は高校生・中学生以下の部に228件の応募があった。

 知床半島や斜里岳、流氷など観光資源が豊富な斜里町だが、知床が世界自然遺産に登録された05年をピークに観光客は減少、近年は110万人前後と伸び悩んでいる。遊覧船やトレッキングなどエコツアーを楽しめる夏季に比べ、冬季の落ち込みが課題となっている。

 これを踏まえ同高は、冬季の観光振興に目を向け「シリエトク!ウパシから得る感交」をテーマに、コンテストへの応募を決めた。「ウパシ」はアイヌ語で雪を意味し、自然を感じながら多くの人が斜里を訪れ交流してほしいとの願いを込めた。8月に神戸で開催された観光甲子園で銀賞に輝いたのも背中を押した。

 生徒たちは夏休みを利用し、アジアや欧米からの観光客に対し冬に体験したいコンテンツを英語のパネルを用いて聞いた。3年生の谷本幸穂さんは、「携帯の写真も見せてもらって、好みを把握した。アジア人は食べ物の写真が多く、欧米人は景色や動物の写真が多い印象だった」と振り返る。

 調査で人気だったものを基に、3日間の観光プランを作成。1日目はワカサギ釣りとホーストレッキング、2日目はアイヌ文化とスノートレッキング体験、高校生による知床夜話、3日目は流氷ウオーク、郷土料理のちゃんちゃん焼き作り、流氷フェスへの参加を盛り込んだ。

 最終審査会で発表を担当した3年生の水島レイカさんは「斜里の魅力を知ってもらいたい気持ちで乗り切った。これからも多くの人に斜里を訪れてもらいたい」と話していた。


関連キーワード: 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,078)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (2,020)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,533)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,469)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,355)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。