4年ぶりに減少 道内35市の新設住宅着工

2019年02月07日 18時00分

 2018年の道内35市新設住宅着工戸数がまとまった。前年比3.6%、1191戸減の3万1653戸となった。相続税対策で増加していた貸家が供給過剰で減速し、4年ぶりにマイナスに転じたものの、3年連続で3万戸台をキープした。町村を含めた全道分は4.1%減の3万5888戸。町村部で給与住宅が増加したが、全体では全ての用途で減少した。

 18年の動向を見ると、前半は2月が23.2%減の1302戸、4月が11.5%減の3523戸と振るわなかった。後半は8月に5.2%増の2952戸、10月が7%増の3487戸とわずかに回復したが、前年には届かなかった。

 利用関係別の内訳は、持ち家が0.5%増の9384戸と唯一増加。貸家は5.2%減の1万8191戸、給与住宅が50.6%減の123戸、分譲住宅が2.8%減の3955戸だった。

 年間でプラスを維持したのは18市。千歳や江別、北広島など札幌近郊で好調だった。貸家は6割を占める札幌が伸び悩みを見せたものの、千歳が2・2倍となるなど20市で前年を上回り、依然として高い水準を維持している。

 12月は前年同月比2.1%減の2277戸と2カ月連続で減少した。利用関係別の内訳は、持ち家が4.7%増の763戸、貸家が8.6%減の1215戸、給与住宅が7・5倍の15戸、分譲住宅が7.2%増の284戸。町村部を含む道分は0.6%減の2585戸だった。

 12月の市別着工戸数は次の通り。(カッコ内は前年同月比)
 ▽札幌1261(0.2%減)▽函館131(12%増)▽小樽34(4・3倍)▽旭川136(7.9%増)▽室蘭33(8.3%減)▽釧路43(30.6%減)▽帯広58(7.9%増)▽北見44(66.9%減)▽夕張2(皆増)▽岩見沢27(44.9%減)▽網走13(2・2倍)▽留萌1(92.3%減)▽苫小牧86(2.3%減)▽稚内2(皆増)▽美唄1(増減なし)▽芦別1(皆増)▽江別86(14.7%増)▽赤平9(皆増)▽紋別2(33.3%増)▽士別2(皆増)▽名寄28(28倍)▽三笠0(増減なし)▽根室14(40%増)▽千歳78(4%増)▽滝川36(12.5%増)▽砂川19(72.7%増)▽歌志内0(増減なし)▽深川6(50%増)▽富良野4(78.9%減)▽登別15(87.5%増)▽恵庭38(17.4%減)▽伊達8(46.7%減)▽北広島12(増減なし)▽石狩23(34.3%減)▽北斗24(60%増)

 2019年2月7日付の北海道建設新聞紙面および有料会員サイトe-kensinプラスでは、道内35市2018年新設住宅着工戸数の一覧表を掲載しています。

関連キーワード: 住宅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 川崎建設
  • web企画
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,899)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,623)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,037)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,655)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,433)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。