札幌ピヴォ店 再開発含め夏までに方針

2019年02月08日 07時00分

 中心街ビル(札幌市中央区南2条西4丁目11、小田征洋社長)は、札幌市中央区でピヴォ(同)が運営するファッションビルに関し、建て替えを含めた再開発も視野に検討している。当初は耐震改修を構想していたが、周辺のビルを含めた一体開発案が浮上。関係者との協議を進め、夏までに方向性を決める考えだ。

 南2条西4丁目11にある札幌ピヴォ店(地下3地上9階、延べ9000m²)には、雑貨やスポーツ店、レコード店、洋服店など約60店舗が入居している。

再開発も含めて検討している札幌ピヴォ店。左は桂和MTビル

 ピヴォによると、施設は22年前に大規模改修を施しているものの、築40年以上が経過し、老朽化が目立っているという。札幌市が2017年に発表した大規模建築物の診断結果では、耐震基準を満たしていなかった。

 これを受けて耐震改修を構想。しかし、「施設内外に及ぶ大規模な工事になる」(関係者)ため、テナント入居者への影響も勘案し、建て替えなど再開発を含む検討を始めた。隣接する桂和商事の桂和MTビルといった周辺施設を含めた一体的な開発を視野に入れている。

 耐震改修だと着工は2年後の見通し。耐震診断を担当した東京のコンサルタント会社を交え、夏までに方針を固める。

 


関連キーワード: さっぽろ圏 商業 耐震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,072)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,406)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,732)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,017)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。