札医大付属病院既存棟改修2期 夏にも公告

2019年02月12日 18時00分

 道建設部建築局は、札幌医科大付属病院の既存棟改修2期を主体、電気、管に分割して夏にも公告する。入札方式はいずれも簡易型総合評価方式で、主体は施工計画審査Ⅰ型の採用を検討している。全ての工種を合わせた工事費は10億円程度となる見込みだ。

 付属病院既存棟改修は札医大再整備の一環。老朽化・狭あい化が進む南・北病棟、中央診療棟、外来診療棟で病床の増床や手術室の拡張、設備の長寿命化などを図る。規模は南・北病棟、中央診療棟がSRC造、地下2地上11階、延べ5万762m²、外来診療棟がSRC造、地下2地上4階、延べ1万4328m²となっている。

 全体を4期に分けて発注し、22年度末までに完成させる。総工事費は55億円を見積もっている。1月には1期を発注しており、南病棟の8―11階と手術室1室を整備する。

 2期は北病棟の6―8階と手術室2室を改修する予定。秋にも開札し、年内の着工を目指している。主体、管、電気を合わせた工事費は、1期と同程度の約10億円を試算する。


関連キーワード: さっぽろ圏 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,076)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (3,355)
札幌・南2西7に112室のホテル ユニホー
2019年03月27日 (2,808)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,473)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,193)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第157回は「バーボン」。お勧めの飲み方はトウモロコシの香りが引き立つロックです。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。