札医大付属病院既存棟改修2期 夏にも公告

2019年02月12日 18時00分

 道建設部建築局は、札幌医科大付属病院の既存棟改修2期を主体、電気、管に分割して夏にも公告する。入札方式はいずれも簡易型総合評価方式で、主体は施工計画審査Ⅰ型の採用を検討している。全ての工種を合わせた工事費は10億円程度となる見込みだ。

 付属病院既存棟改修は札医大再整備の一環。老朽化・狭あい化が進む南・北病棟、中央診療棟、外来診療棟で病床の増床や手術室の拡張、設備の長寿命化などを図る。規模は南・北病棟、中央診療棟がSRC造、地下2地上11階、延べ5万762m²、外来診療棟がSRC造、地下2地上4階、延べ1万4328m²となっている。

 全体を4期に分けて発注し、22年度末までに完成させる。総工事費は55億円を見積もっている。1月には1期を発注しており、南病棟の8―11階と手術室1室を整備する。

 2期は北病棟の6―8階と手術室2室を改修する予定。秋にも開札し、年内の着工を目指している。主体、管、電気を合わせた工事費は、1期と同程度の約10億円を試算する。


関連キーワード: さっぽろ圏 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR北海道 小樽、ニセコにホテルを計画
2019年07月23日 (2,300)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,063)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,833)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,463)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,397)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第165回は「のどの渇きと湿度」。体 温が下がらず余計に汗が出るため、湿 度が高いと喉が渇きやすくなります。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。