イオン室蘭店 卸売市場跡に移転

2019年02月15日 07時00分

 イオン北海道(札幌市白石区本通21丁目南1の10、青柳英樹社長)は14日、イオン室蘭店の移転新築に向け、室蘭市公設地方卸売市場移設後の敷地貸し付けで、優先交渉権を獲得したと発表した。敷地面積約7万5000m²を活用し、モール型ショッピングセンターの新築を構想。市場移設後の2023年度以降に着工となる見通し。

 東町2丁目4の32にある室蘭店(RC造、3階、延べ1万655m²)は、築38年が経過しているため、老朽化や狭あい化による移転を検討。市の公募提案型用地貸し付けに応募した。

 市は21―22年度で移転改築を進める見通しで、市場移設後に日の出2丁目3の1の敷地7万4714m²を賃借する。

 新たな室蘭店の規模などは今後固めるが、イオンモール旭川駅前のようなモール型ショッピングセンターに転換。映画館などのエンターテインメントや飲食サービス、コミュニティー機能まで多様なニーズに対応したイオンモールへ一新する。

 西胆振の消費者需要に応えるほか、道内外へ魅力を発信する場として構想している。


関連キーワード: 商業 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,588)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,466)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,465)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,135)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (1,003)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。