旧達南中の土地・建物売却へ 伊達市

2019年02月17日 07時00分

 伊達市は、2017年3月に閉校した達南中跡地を公募型プロポーザルで売却する。地域活性化のための事業提案を募集し、校舎などの建物と土地をそのまま事業者に売却。新たなにぎわいをもたらす跡地利用を推進したい考えだ。

 旧達南中は、北黄金町49の4982ほかに位置し、敷地面積は3万4198m²。地目は宅地で、用途地域は市街化調整区域。建ぺい率60%、容積率200%となっている。

 敷地内には校舎(1984年建設、RC造、延べ約2300m²)、屋体(同年建設、S造、延べ770m²)のほか、特別教室棟2棟、教員住宅3棟がある。最低売却価格は、土地が3522万6000円、建物が2115万2000円。

 売却に当たっては全ての建物を購入、校舎と体育館を現状のままか改修などの提案をすることが条件。売買契約締結後は市と災害協定を結び、体育館を避難所として利用することなどを挙げる。

 応募資格は、日本国内に住所を有する法人で、所在地に法人市町村民税の申告をしていることなど。複数の法人による共同応募も可能。提案要件は、地域活性化が期待できるほか、具体的計画を有し、地域景観への配慮などを求める。

 提出書類の受付期間は3月1日から4月5日まで。4月19日にプレゼンテーション、ヒアリングを実施して、契約候補者を同下旬までに決定する予定。本契約締結は6月下旬から7月上旬をめどとしている。

 申し込み手続きなど詳細は市のホームページで確認できる。

 問い合わせは財政課契約管財課係、電話0142(23)3331、内線224か225まで。


関連キーワード: 地域振興 市町村行政 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (13k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (4k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.6k)
道東道占冠―トマムIC間19.9kmで4車線化の準...
2021年01月14日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。