小樽市の5号花園電線共同溝 19年度から山側を施工へ

2019年02月19日 12時00分

19年度以降に施工予定の沿線

 小樽開建が進める5号小樽市小樽花園電線共同溝の2019年度以降残事業費は、約9億円となる見込みだ。総延長1280mのうち、18年度末で海側(上り車線)の680mの施工が完了し、事業の折り返しを迎えている。19年度からは、残る山側(下り車線)の延長640mを施工する予定だ。

 道内有数の観光地である小樽中心市街地を対象に、安全で快適な歩行空間と緊急輸送道路を確保し、良好な都市景観形成や観光振興に向けたまちづくりを支援するのが目的。総事業費は約19億円となっている。

 事業区間は、5号と市道公園通線が交差する花園十字街から、小樽経済センタービル手前までの1280m。歩道各3mを開削し、電力用管路(CCVP100―130㍉)、通信用管路(RRVE54―82㍉、PLP・P2S50―125㍉)をそれぞれ埋設後、舗装復旧などを施す。

 全体の詳細設計は、14年度に北海道道路エンジニアリングが担当した。

 18年度までに、海側区間640mを施工し、全体事業量の半分を消化した。19年度以降は、残る約半分の山側640mを順次施工する。

 19年度以降残事業費は、過去の事業計画通知を積み上げた総額から計算すると、9億円程度となる見込みだ。


関連キーワード: 土木 景観 観光 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,141)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,985)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,765)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,629)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,506)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。