クマオスで設計図書など提供 道建築局

2019年02月19日 07時00分

 道建設部建築局は、2019年度発注工事から「建設部見積用参考資料等提供システム(愛称・QuMaOS=クマオス)」を通じて、設計図書などを電子データで提供する。4月からの本運用に先駆け、22日公告予定の2工事を対象に試行運用を実施する。

 クマオスは、見積用参考資料などのデータをウェブ上で無料提供する道建設部のシステム。18年4月、10建管の入札契約課が所管する工事や業務を対象に運用を開始した。

 一方、建築局が発注する工事の設計図書などについては、道から委託を受けた道建築指導センターでのみ閲覧が可能。写しは同センターが有料で提供しているが、利用者にはセンターへの移動時間や旅費、写しの交付費用といった負担が生じる。

 このため利便性向上や負担軽減を目的に、19年度発注工事からクマオスによるデータ提供の開始を決定した。

 建設部計画管理課、建設管理課、10建管のホームページ上にクマのマスコットキャラクターのバナーが表示されるので、それをクリックするとトップページのログイン画面に移行する。クマオス未登録の場合は、ここから利用者登録の手続きが必要。既に登録済みの利用者はあらためて登録する必要はない。原則24時間利用でき、設計図書や各種図面、見積用参考資料などを個別にダウンロードすることが可能となる。

 4月からの本運用に先駆け、22日に公告する北海道消防防災ヘリコプター給油施設改築と岩見沢市道営住宅第3かえで団地1号棟改善の2工事でクマオスを試行運用する。

 4月以降は建築指導センターでの閲覧・取得ができなくなるため、建築局は早めの利用者登録と積極的な活用を呼び掛けている。


関連キーワード: 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,141)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,985)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,764)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,629)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,506)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。