蝦夷地開拓移住隊士が眠る 勇払開拓史跡公園を修繕へ

2019年02月24日 15時00分

 苫小牧市は2019年度、苫小牧発祥の地、勇払開拓史跡公園を修繕する予定だ。再編関連訓練移転等交付金を活用し、老朽化が進む石畳やブロック塀、境界フェンス、墓石舎の腐食防止などを実施する。時間を問わず来訪する参拝者の安全確保のため、街灯も設置する。19年度予算案に整備費1980万円を計上した。

 同公園(勇払123)は1973年に開設。0.7haほどの特殊公園で、勇払会所を模した勇武津資料館がある勇払ふるさと公園に隣接している。

蝦夷地開拓移住隊士の墓がある勇払開拓史跡公園。隊士らは蝦夷地の警備と開墾に従事した

 1800(寛政12)年に徳川幕府の命により、交易が盛んで会所が置かれていた勇武津(現・勇払)へ、原半左衛門胤敦を隊長とした八王子千人同心100人が本州から渡った。

 このうち、原隊長の弟・新介を副士とした50人が勇払に移り住み、警備や畑作、道路整備、交易などに携わった。

 こうしたことから、市は苫小牧発祥の地として、蝦夷地開拓移住隊士の墓碑(市指定史跡)を勇払市街地にある市有地に集約し、史跡公園とした。

 八王子千人同心8人と、原隊長らとは別に幕吏見習いとして勇払に入った河西祐助の妻・梅らをまつっている。

 隣接する勇武津資料館では、千人同心の生活用具などを展示している。(苫小牧)


関連キーワード: 史跡

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,385)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,461)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,318)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,210)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,682)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。