ボールパークの推進を支援 道経産局

2019年02月22日 18時00分

 北海道経済産業局は、市場規模の拡大が見込まれるスポーツ関連産業をターゲットとした「北海道スポーツ関連産業創出プラン」をまとめた。スポーツと周辺産業の融合により、地域の稼ぐ力を向上させるのが狙い。推進役となるプラットフォームを3月に立ち上げる。

 政府の未来投資戦略2018は、スポーツ市場の規模を2025年に現在の約3倍となる15兆円に拡大することを目指している。

 経産局のプランは、①プロスポーツチームとの連携②ITやコンテンツ、観光といったエンタメ産業との融合③健康寿命延伸産業との融合④イベント連携、合宿誘致などによるにぎわい創出―の4点を柱とする。

 ①のプロスポーツチームとの連携では、北広島市でのボールパーク構想の推進や、将来的なJ3昇格を目指して複合型スタジアムの整備を構想する、社会人サッカーチーム「北海道十勝スカイアース」による地域活性化などを側面支援。

 ②のエンタメ産業との融合では、スポーツとVR、ARといった先端デジタル技術の組み合わせによる「魅せるスポーツコンテンツ」の開発、ラグビーワールドカップの札幌開催に合わせた英国、豪州人を主要ターゲットとする観光プロモーションの実施などを盛り込む。

 19年度は熟度の高いものの戦略づくり支援、20―21年度は各種プロジェクトの連携最適化、22年度以降に各プロジェクトの自立化といったロードマップを描いている。

 これらの実現に向けたプラットフォームは食・観光関連、サービス・ヘルスケア関連、IT・ものづくり関連、プロスポーツチームといった企業のほか、国、自治体、大学等と多様な組織で構成。北海道二十一世紀総合研究所が事務局を務める。

 キックオフイベントとして、3月14日午後3時から札幌文化芸術劇場hitaruでシンポジウムを開く。


関連キーワード: スポーツ 地域振興

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,056)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,387)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,382)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,009)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (988)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。