288事業に442億円 北見市の2期総計1次実施計画

2019年02月24日 18時00分

 北見市は、2019―21年度を対象とする第2期総合計画第1次実施計画をまとめた。全288事業を盛り込み、期間内の事業費は総額442億1210万7000円と試算。大型の建設事業としては、20年内の完成を目指す新市庁舎と上下水道局庁舎建設、18年度から3カ年で工事を進めている大和最終処分場整備、橋梁新設を含む三輪通道路整備、各公住の整備などが盛り込まれた。また、とん田保育園改築や温根湯中改修などの大型新規事業も挙がった。

 事業費の年度別内訳は、19年度が165億8319万7000円、20年度が177億7243万3000円、21年度が98億5647万7000円。事業費総額は、都市再生整備事業が20年度で完了することなどが要因となり、18―20年度を計画期間とする第10次実施計画と比較して約68億円減額している。

 新規事業としては、老朽化が進むとん田保育園の改築を盛り込む。19年度は基本・実施設計、地盤調査、外構設計などに1490万円、20年度は基本・実施設計に1610万円、21年度は改築工事に3億8400万円を試算している。

 温根湯小との統合に伴う温根湯中改修は、19年度に5億3100万円を投じて校舎、屋内運動場の改修を実施する見通し。新たに盛り込まれた旧端野中解体は、19年度の解体実施設計に610万円、20年度の屋内運動場解体に6100万円、21年度の校舎解体に1億7500万円を配分した。

 既に着手している建築工事中心の事業では、19―20年度の間に新庁舎建設、まちきた大通駐車場ビル解体を実施する都市再生整備事業で計79億7957万5000円、19年度から2カ年で建設を進める上下水道局庁舎整備に計12億822万円、19―20年度に改築工事を行う常呂保育園・常呂子育て相談センター移転改築は計7億9720万円、19年度に高栄F団地1号棟着工予定の高栄団地建て替えは、3カ年の事業費を計19億286万円と試算している。

 土木工事が中心となる事業では、大和最終処分場整備の19―20年度分工事費として計10億9439万6000円、三輪通道路整備の19―20年度分事業費を計9億1423万3000円としている。

 端野自治区から要望があった端野図書館改築や、留辺蘂自治区で22年のリニューアルオープン10周年をめどに増改築を実施したい考えの山の水族館整備は、引き続き事業内容の検討などを進める方針で、今回の計画には盛り込まれなかった。


関連キーワード: 市町村行政 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,174)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,548)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,150)
19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (1,931)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,851)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。