未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い カナモト苫小牧営業所 加藤聖也さん

2019年02月26日 07時00分

重機整備通じ社会の役に

加藤聖也(かとう せいや)さん

 「5年もあれば、どこに転勤しても恥ずかしくないやつにしてやる」

 入社当初、直属の上司である桜場尚人日胆ブロック工場長にそう言われた。それから5年。「チャンスがあれば本州の新規店などへ異動し、新たなチャレンジをさせてあげたい」(桜場工場長)と太鼓判を押す。

 苫小牧営業所の技術チームとして重機の整備や点検を担っている。2016年、東日本大震災の復興支援で相馬営業所に向かった。翌年は福島県内の広野営業所で半年ほど、応援スタッフとして切れ目なく続く整備作業に汗を流した。

 「仕事に対する考え方が大きく変わった」。それまで直接的な顧客は土木の建設会社というイメージだったが、復興業務を目の当たりにし、その先の地域社会に役に立っていることを実感した。

 18年9月の北海道胆振東部地震。「発電機を準備しなければ」と、一目散で工場へ向かった。自宅の停電は不安だったが、電気を必要としている人への対応を優先した。

 地元・北見を離れて5年。高校球児だった血が騒ぎ、朝野球チームに所属。早朝は投手、昼間は整備スタッフ、夜間は資格取得に向けた受験生と、充実した毎日を送っている。毎年夏に開く同社地域還元イベント「サンクスフェア」でMC(進行役)を務めている。苫小牧営業所の顔として板についてきた。

 1994年9月9日生まれの24歳。主任に昇格したばかり。「少しずつ力を付け、ゆくゆくは工場長に」と意気込む。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,141)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,985)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,765)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,629)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,506)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。