道内公共施設で初の「ZEB Ready」取得 古平町

2019年02月26日 12時00分

 古平町が設計を進めている中心拠点誘導複合施設が、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)に基づく最高ランクの5つ星と、1次エネルギー消費を50%以上削減する「ZEB Ready(ゼブ・レディ)」評価を取得した。町によると、道内公共施設での取得は初めて。

 役場庁舎、図書館、地域交流センター、地域防災センターの機能を備える施設で、RC造、3階塔屋1階、延べ3806m²の規模。浜町40の4に新築する。大成建設の設計施工で、基本設計を進めている。事業費は23億円を試算する。

 20日付で設計段階の1次エネルギー消費量51%削減が認証された。新庁舎は、地中熱利用としてボアホールとアースチューブの2方式を採用。建物内の照度は自然採光やハイサイドライト、人感センサー付きの高効率LED照明で確保する。空調や冷暖房は外断熱工法、放射式暖冷房、高性能Low―e複層ガラスで高効率化を図る。

 2019年度から実施設計に取り掛かる。町は「新たな創エネ設備の導入検討を含め、さらなる省エネに取り組みたい」と話している。

認証を受けた新庁舎の省エネ技術


関連キーワード: 建築 道央

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,154)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,973)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,746)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,657)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,496)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。