不動産業の恒志堂 琴似にビジネスホテル

2019年02月27日 18時00分

 不動産業の恒志堂(札幌市中央区南19条西14丁目2の35、佐藤元春社長)は、ビジネスホテルの「VILLA KOSHIDO 琴似」新築を主体、設備一括でアセットプランニングに依頼し、着工した。1部屋に最大10人まで宿泊可能なのが特徴。2020年1月の完成、2月のオープンを見込んでいる。

 規模はRC造、10階、延べ2038m²で、客室数は40室。1部屋35―64m²の広さで、ベッドを4―10台置く。長期滞在者向けにキッチンを配備する。駐車場は6台分を用意。設計はエートランスデザインワークスが担当している。

 建設地は札幌市西区琴似2条5丁目436。地下鉄東西線琴似駅やJR琴似駅に近く、交通アクセスが良い。周辺には商店や飲食店が集積している。

 提携企業とともに運営する。大手ホテルに対抗するため、大家族や複数の家族が一つの部屋に宿泊できるという独自路線を打ち出した。佐藤社長は「インバウンドを中心に需要は必ずある」と期待する。

 恒志堂は04年の設立。不動産業を主軸に飲食店やレーシングチーム運営など幅広い事業展開をしている。


関連キーワード: さっぽろ圏 ホテル

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (12.5k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (3.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.5k)
難工事克服し10年 国道40号「音中トンネル」貫通...
2020年12月04日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。