不動産業の恒志堂 琴似にビジネスホテル

2019年02月27日 18時00分

 不動産業の恒志堂(札幌市中央区南19条西14丁目2の35、佐藤元春社長)は、ビジネスホテルの「VILLA KOSHIDO 琴似」新築を主体、設備一括でアセットプランニングに依頼し、着工した。1部屋に最大10人まで宿泊可能なのが特徴。2020年1月の完成、2月のオープンを見込んでいる。

 規模はRC造、10階、延べ2038m²で、客室数は40室。1部屋35―64m²の広さで、ベッドを4―10台置く。長期滞在者向けにキッチンを配備する。駐車場は6台分を用意。設計はエートランスデザインワークスが担当している。

 建設地は札幌市西区琴似2条5丁目436。地下鉄東西線琴似駅やJR琴似駅に近く、交通アクセスが良い。周辺には商店や飲食店が集積している。

 提携企業とともに運営する。大手ホテルに対抗するため、大家族や複数の家族が一つの部屋に宿泊できるという独自路線を打ち出した。佐藤社長は「インバウンドを中心に需要は必ずある」と期待する。

 恒志堂は04年の設立。不動産業を主軸に飲食店やレーシングチーム運営など幅広い事業展開をしている。


関連キーワード: さっぽろ圏 ホテル

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (1,830)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,298)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,136)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,104)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,003)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。