不動産業の恒志堂 琴似にビジネスホテル

2019年02月27日 18時00分

 不動産業の恒志堂(札幌市中央区南19条西14丁目2の35、佐藤元春社長)は、ビジネスホテルの「VILLA KOSHIDO 琴似」新築を主体、設備一括でアセットプランニングに依頼し、着工した。1部屋に最大10人まで宿泊可能なのが特徴。2020年1月の完成、2月のオープンを見込んでいる。

 規模はRC造、10階、延べ2038m²で、客室数は40室。1部屋35―64m²の広さで、ベッドを4―10台置く。長期滞在者向けにキッチンを配備する。駐車場は6台分を用意。設計はエートランスデザインワークスが担当している。

 建設地は札幌市西区琴似2条5丁目436。地下鉄東西線琴似駅やJR琴似駅に近く、交通アクセスが良い。周辺には商店や飲食店が集積している。

 提携企業とともに運営する。大手ホテルに対抗するため、大家族や複数の家族が一つの部屋に宿泊できるという独自路線を打ち出した。佐藤社長は「インバウンドを中心に需要は必ずある」と期待する。

 恒志堂は04年の設立。不動産業を主軸に飲食店やレーシングチーム運営など幅広い事業展開をしている。


関連キーワード: さっぽろ圏 ホテル

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.2k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.4k)
道が4月1日付人事異動を発令 本庁係長級以上で29...
2020年04月01日 (1.4k)
100Nの高強度コンクリ 北8西1再開発で道内初打...
2021年03月30日 (1.2k)
新幹線・新小樽駅の駅前広場計画案...
2021年03月25日 (1.1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 道央3市
にぎわい取り戻せ
new

道央圏3市の商工会議所、商工会のトップに、現状の打破とにぎわい回復に向けた取り組みについて聞く。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第205回は「ドライアイ」。画面の注視や室内の乾燥が原因に。まばたきを意識して防ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第7回「インテリアコーディネーター心得」黒子に徹し、住まいの主役であるお客様に寄り添います。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第6回「経営における判断の遅さ」わからないことは専門家や第三者に相談し、迅速な判断を目指しましょう。