新幹線高架整備のため第1倶登山橋を移設 倶知安町

2019年03月02日 18時00分

 倶知安町は2019年度、町道西3丁目通の第1倶登山橋架け換えに着工する。橋長79・4m、幅員10・5mの2径間連続鋼製版桁橋を2カ年で整備。総事業費5億5000万円のうち、当初予算案に4億5460万円を盛り込んだ。下部は5月ごろ、上部は秋にも入札し、20年度に完成させる。

新幹線高架建設のため移設する第1倶登山橋

 JR倶知安駅の南側700mに位置し、倶登山川をまたぐ同橋は、3径間の鋼橋で1973年に架設。橋長は68・8m、幅員は歩道なしの6mとなっている。

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構が2年後に着工を計画する北海道新幹線の高架整備で支障となるため、現在地より倶知安駅側に80m移設する。

 新橋は片側に歩道2・5mを設置し、路肩は0・5mから2・5mに広げて全幅10・5mとする。下部は逆T式橋台と壁式橋脚でいずれも深礎杭基礎となる。工事は一括で発注する予定。

 上部は工場製作と据え付けを合わせて発注し、架設時期は20年4―6月とする考えだ。


関連キーワード: 新幹線 橋梁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR北海道 小樽、ニセコにホテルを計画
2019年07月23日 (2,300)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,063)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,833)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,463)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,397)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第165回は「のどの渇きと湿度」。体 温が下がらず余計に汗が出るため、湿 度が高いと喉が渇きやすくなります。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。