3567万人で2.5%減 18年度上半期の道内観光客

2019年03月02日 12時00分

 道経済部は、2018年度上半期(4―9月)の道内観光入り込み客数をまとめた。道内を訪れた観光客は前年度同期比2・5%減の3567万人だった。9月に発生した北海道胆振東部地震や5月の連休後半の天候不順が減少につながった。しかし外国人観光客は12・6%増の135万5900人に上り、調査開始以来、上半期として初めて130万人を突破した。

 内訳は道内客が2・9%減の3092万人、道外客が4・5%減の339万人。

 外国人観光客は、震災の影響があったものの、アジア圏の北海道人気や観光事業者による商品開発の取り組み、国際定期便の新規就航や増便を背景に増加。国・地域別では、韓国が最も多い37万2900人。第2四半期(7―9月)の伸び率は鈍化したが、上半期としては16・2%増加した。次いで台湾が2%増の28万8700人、中国が18・4%増の27万1600人と続く。

 圏域別で見ると、道央圏への入り込み客数(延べ人数)が0・5%増の4988万人で全体の53・9%を占めた。道北が3・3%減の1489万人、道南が2%増の857万人など。

 第2四半期の宿泊客観光消費額は、道内客が2万7204円と増加したものの、道外客が8万7133円、外国人観光客が14万17円とそれぞれ前年度を下回った。


関連キーワード: 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (7,898)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,390)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,170)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,776)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,201)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。