道営農業19年度調査計画は84地区、総額1166億円

2019年03月04日 07時00分

 道営農業農村整備事業の2019年度調査計画地区は84地区で、総事業費は1166億円程度に上る見込みだ。18年度と比べて11地区、116億円程度それぞれ増加する見通し。19年度から新たに調査に入るのは58地区となる。

 新規で調査に入る58地区のうち単年度調査は34地区、2カ年調査は24地区の内訳。新規と18年度からの継続地区を合わせた全体を総合局・振興局別に見ると、最多は空知の26地区、364億2400万円で、全体の3割以上を占めた。次いでオホーツクが13地区、195億9600万円、十勝が12地区、127億1600万円など。地区数が前年度を上回ったのは空知、石狩、胆振、オホーツク、釧路の5地域だった。

 事業別では、農地整備経営体育成が33地区と全体の4割近くを占め、畑地帯担い手育成が14地区、農村地域防災減災が10地区、畑地帯担い手支援が6地区、草地畜産基盤整備と通作条件整備保全対策がそれぞれ4地区など。

 総合局・振興局別の地区数と総事業費は次の通り。

 ▽空知=26地区、364億2400万円▽石狩=8地区、134億4300万円▽後志=2地区、26億円▽胆振=3地区、43億8600万円▽日高=1地区、5億4000万円▽渡島=1地区、16億円▽桧山=2地区、42億2000万円▽上川=5地区、75億9000万円▽留萌=2地区、23億5000万円▽宗谷=3地区、25億8800万円▽オホーツク=13地区、195億9600万円▽十勝=12地区、127億1600万円▽釧路=5地区、77億9000万円▽根室=1地区、8億円


関連キーワード: 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • イイファス
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,053)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,997)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,514)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,445)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,337)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。