イオン北海道の新室蘭店延べ4.1万m² 23年度以降着工

2019年03月05日 07時00分

 イオン北海道(札幌市白石区本通21丁目南1の10、青柳英樹社長)は、イオン室蘭店の移転新築に関し、モール型新店舗の規模を2階建て、延べ4万1300m²で計画している。4日の室蘭市議会一般質問で青山剛市長が言及。テナントや新店舗の建設、運営については、地場業者を活用する考えを示したという。

 市は日の出町2丁目3の1にある公設地方卸売市場を2021―22年度で移転改築する予定。市場移設後に敷地7万4714m²を賃貸するため、相手先を公募型プロポーザルで募集した。

 イオン北海道は東町2丁目4の32に室蘭店(RC造、3階、延べ1万655m²)を有している。築38年が経過し、老朽化や狭あい化による移転を検討中だったことから応募し、このほど優先交渉権を獲得した。市場移設後の23年度以降に新店舗に着工する考えだ。

 この日の市議会で青山市長は、同社が提案したイオン新室蘭店の概要を説明した。店舗(売り場)面積は2万6070m²で、物品販売スペースが2万1680m²、飲食サービスが4390m²。駐車場1860台分を設ける。

 同社は2月14日、優先交渉権を獲得したと発表。イオンモール旭川駅前のようなモール型ショッピングセンターとし、映画館などのエンターテインメントや飲食サービス、コミュニティー機能など多様なニーズに対応した施設へ一新する考えを示している。


関連キーワード: 商業 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,164)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,132)
大手ゼネコン4社21年3月期決算 全社減収減益...
2021年05月19日 (1,492)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1,198)
全社減収も鹿島は増益 大手ゼネコン4社の21年3月...
2021年02月17日 (1,049)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 分譲マンション
老朽化の行方
new

札幌市内に建設された分譲マンションが続々と老朽化している。住まいの行く末はどうあるべきか。再生への道を探る。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第209回は「糖分の中毒性」。脳のエネルギー源となる糖分。過剰摂取に注意し食生活の見直しを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第9回「意外に低い葉っぱの彩度」あざやかに見えても測ってみると落ち着いた色をしています。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。