「全面的ICT」の対象拡大を検討 道建設部

2019年03月11日 07時00分

 道建設部は、i―Constructionのさらなる推進に向けて、「全面的なICT活用工事」の対象拡大を検討しているもようだ。2018年度から土工量1万m³以上を対象に施工者希望型で全面的なICT活用工事を試行しているが、これを1000m³以上まで拡大する方向で調整を進めている。また、一定規模以上の舗装工も対象にするとみられる。早ければ4月1日公告分から適用する方向で検討する。

 同部では、建設技能者の高齢化や若年入職者の減少などを背景にi―Constructionの推進に取り組み、段階的に対象技術や基準を拡大しながら試行し一般化・原則化を目指している。

 全面的なICT活用工事は、①3次元起工測量②3次元設計データ作成③ICT建設機械による施工④3次元出来形管理などの施工管理⑤3次元データの納品―という一連の作業を全てICT技術により実施するもの。ただし、同部では3次元起工測量について、暫定的に従来の測量方法を使うことも認めている。

 全面的なICT活用工事は、18年度から土工量1万m³以上において施工者希望型で試行を開始し、同年度は対象56件のうち14件で実施した。

 こうした中、国ではICT活用を加速させ、同部でも担い手不足など道内建設業の厳しい経営環境に対応するため、建設現場の生産性向上や安全性向上を促進する必要があると判断。19年度も拡大を図る方向で基準などを検討しているもようだ。

 19年度から対象を土工量1000m³以上へと大幅に引き下げて、拡大するとみられる。さらに舗装工についても、路盤3000m²以上を対象にしようと考えているようだ。いずれも施工者希望型で試行するようだが、この内容で決まることになれば、対象工事は相当数増える。

 また、TS(トータルステーション)による出来形管理技術は、土工量1万m³以上で使用が原則化しているが、1万m³未満であっても実施した場合は工事成績で加点評価するもようだ。


関連キーワード: ICT 北海道庁 土木

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,174)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,548)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,150)
19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (1,931)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,851)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。