ヒューリックの札幌駅前通ビル一体化 23年竣工へ

2019年03月12日 07時00分

 

 不動産業のヒューリック(東京都中央区日本橋大伝馬町7の3、吉留学社長)は、札幌駅前通にある同社の札幌ビルと札幌NORTH33ビルの一体化した新施設について、2023年の竣工を目指している。ホテルやみずほ銀行札幌支店、オフィスを設ける予定。現在は詳細設計を進めている。

 同社が保有する両ビルは、札幌市中央区北3条西3丁目の札幌駅前通沿いに隣接している。ヒューリック札幌ビルは1966年の竣工で老朽化が進んでいるため、合わせて建て替える。ヒューリック札幌NORTH33ビルは、17年からテナントの転居を進めている。

 新ビルには、みずほ銀行の店舗やオフィスに加え、札幌駅前という好立地を生かしたグレードの高いホテルを設けることを視野に入れている。

 着工時期は未定だが、札幌NORTH33ビルを先行して解体、改築し、新施設に札幌ビルの入居者を移してから、札幌ビルの改築に着工。最終的に一つのビルとして完成させる案が出ているという。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,085)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,924)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,134)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,729)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,492)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。