地方創生拠点整備2次補正 道内で18事業29億円

2019年03月12日 18時00分

 内閣府は、地方創生拠点整備交付金の2018年度2次補正予算分として206事業に219億円を交付する。道内には、北見市や上士幌町など、18事業に28億5661万円を配分。生産・製造拠点や流通拠点施設などの整備を促進する。

 同交付金は、地域の観光振興や住民所得向上の基盤となる先導的な施設整備を対象に、事業費の2分の1を補助する。

 道内の主な交付先を見ると、北見市ではスポーツ人口拡大による地域のにぎわい創出を計画。最先端スポーツ科学に基づく通年型カーリングホール整備に5億9576万円交付する。上士幌町で計画している農畜産物直売所や加工販売拠点となる施設を中心とした道の駅の整備に5億9159万円を交付した。

 2019年3月12日付の北海道建設新聞(1面)および有料会員サイトe-kensinプラスに道内の交付先を掲載しています。

関連キーワード: 地域振興 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,087)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,925)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,134)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,729)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,492)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。