地方創生拠点整備2次補正 道内で18事業29億円

2019年03月12日 18時00分

 内閣府は、地方創生拠点整備交付金の2018年度2次補正予算分として206事業に219億円を交付する。道内には、北見市や上士幌町など、18事業に28億5661万円を配分。生産・製造拠点や流通拠点施設などの整備を促進する。

 同交付金は、地域の観光振興や住民所得向上の基盤となる先導的な施設整備を対象に、事業費の2分の1を補助する。

 道内の主な交付先を見ると、北見市ではスポーツ人口拡大による地域のにぎわい創出を計画。最先端スポーツ科学に基づく通年型カーリングホール整備に5億9576万円交付する。上士幌町で計画している農畜産物直売所や加工販売拠点となる施設を中心とした道の駅の整備に5億9159万円を交付した。

 2019年3月12日付の北海道建設新聞(1面)および有料会員サイトe-kensinプラスに道内の交付先を掲載しています。

関連キーワード: 地域振興 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (3,716)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,076)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,589)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,386)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。