札幌市円山動物園のゾウ舎がオープン

2019年03月16日 12時00分

 札幌市円山動物園で12日、待望のゾウ舎がオープンした。冬でも水浴びできる国内初の屋内プールを備える施設で、4頭が生き生きと暮らす。12年ぶりとなる同園のゾウを見た来園者たちは「近い」「かわいい」と歓声を上げ、その姿を写真に収めていた。

高い所にある餌を器用に食べた

 地下1地上2階、RC一部S造、延べ3406m²、屋外放飼場約3000m²と国内最大級の規模で、建設費約30億円を投じた。主体の基本・実施設計は大建設計、工事は岩倉建設が担当した。
 2018年9月にミャンマーから寄贈された雌3頭、雄1頭が暮らす。

 屋外施設は敷地勾配や放飼場の高低差を利用し、さまざまな角度から観覧が可能となる。屋内施設では最大水深3mの室内プール水中をガラス越しに観察できるほか、地上から見られる区域を配置。教育プログラムを実施するレクチャールームなども設けた。

 放飼場床材に屋内で深さ1m、屋外で0.5mの砂を使用し、足の健康を維持するなど、生き生きと暮らす環境を実現するための工夫を随所に施す。飼育方法は、特別な柵越しに健康管理をする「準間接飼育方法」で、ゾウと人の安全を守る。

 ゾウのキャラクターが大好きで会える日を心待ちにしていた、3歳の高田湊ちゃんは「ゾウに会えてうれしい」と喜んでいた。

 加藤修園長は「さまざまな角度から観察できるので、何度も来園してほしい」と期待を寄せた。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,443)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (3,845)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,770)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,287)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,996)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。