朝ドラ効果95億円 十勝舞台の「なつぞら」

2019年03月17日 12時00分

 日本銀行釧路支店と同行帯広事務所は、4月からNHKで放映される十勝を舞台にした連続テレビ小説「なつぞら」の十勝管内への経済効果を試算した。ドラマ放映に伴う観光客数の増加から生じる効果のみを対象にし、宿泊や外食などの直接効果が63億円、食品や農業などの間接効果は32億円の計95億円を見込んだ。

 同ドラマは、広瀬すずさんが演じる戦後の十勝で育った少女が草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込みアニメーターとして成長していく物語。十勝が物語の前半の舞台となり、昨年6月とことし1、2月に新得町や池田町、陸別町などで撮影が行われた。

 日銀は、2010年度から17年度までの連続テレビ小説の舞台になった3大都市圏を除く8地域の観光客増加率を試算。平均の増加率は13.1%となった。17年度の十勝管内観光入り込み客数の実人数にこの平均増加率を乗じた結果、49万7000人の増加が見込まれた。この値を基に算出した観光消費増加額は89億円。このうち十勝管内の生産を押し上げる直接効果は63億円と7割を占める。直接効果から計算した間接効果は32億円としている。

 直接効果と間接効果を合計した経済効果を業者別に見ると、宿泊業が19億円でトップとなり、次に飲食サービスと運輸がそれぞれ13億円と続く。

 山崎真人日銀釧路支店長は、観光客数と十勝産品の消費拡大による観光消費額の2点が増加できるようであれば95億円を超える可能性があることを指摘。観光客数に関しては札幌や首都圏、大阪などでのPR活動やSNSを活用した情報発信をポイントに挙げた。


関連キーワード: 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,465)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,102)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,536)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,296)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,078)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 宇宙への道
大樹から広がる近未来

宇宙への道 大樹から広がる近未来
LC1射場着工で開かれ始めた宇宙への道。これまでの歩みを振り返りつつ、新時代への課題を探る。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。