朝ドラ効果95億円 十勝舞台の「なつぞら」

2019年03月17日 12時00分

 日本銀行釧路支店と同行帯広事務所は、4月からNHKで放映される十勝を舞台にした連続テレビ小説「なつぞら」の十勝管内への経済効果を試算した。ドラマ放映に伴う観光客数の増加から生じる効果のみを対象にし、宿泊や外食などの直接効果が63億円、食品や農業などの間接効果は32億円の計95億円を見込んだ。

 同ドラマは、広瀬すずさんが演じる戦後の十勝で育った少女が草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込みアニメーターとして成長していく物語。十勝が物語の前半の舞台となり、昨年6月とことし1、2月に新得町や池田町、陸別町などで撮影が行われた。

 日銀は、2010年度から17年度までの連続テレビ小説の舞台になった3大都市圏を除く8地域の観光客増加率を試算。平均の増加率は13.1%となった。17年度の十勝管内観光入り込み客数の実人数にこの平均増加率を乗じた結果、49万7000人の増加が見込まれた。この値を基に算出した観光消費増加額は89億円。このうち十勝管内の生産を押し上げる直接効果は63億円と7割を占める。直接効果から計算した間接効果は32億円としている。

 直接効果と間接効果を合計した経済効果を業者別に見ると、宿泊業が19億円でトップとなり、次に飲食サービスと運輸がそれぞれ13億円と続く。

 山崎真人日銀釧路支店長は、観光客数と十勝産品の消費拡大による観光消費額の2点が増加できるようであれば95億円を超える可能性があることを指摘。観光客数に関しては札幌や首都圏、大阪などでのPR活動やSNSを活用した情報発信をポイントに挙げた。


関連キーワード: 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • イイファス
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,074)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,459)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,232)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,866)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,236)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。