延べ5028㎡の生涯学習センター新築に8月着工 別海町

2019年03月15日 12時00分

 別海町は、生涯学習センター新築に8月ごろ着工する計画だ。年度明けに簡易公募型で公告し、入札後に6月の定例町議会か7月の臨時町議会で承認を得てから工事に入る。現段階では主体、電気、設備に分けて発注する予定。総事業費は約31億6000万円を試算している。

 防衛省の補助金を活用して進める事業。防衛省職員と町民の交流を目的とする。中央公民館が手狭で老朽化が進んでいることから、新たに町内で開かれるイベントなどに使える施設となる。別海西本町52にある中央公民館は1970年に建てられた。RC造、地下1地上2階、延べ1811.9m²となっている。

 新施設の建設地は別海旭町149の1ほかの交流館ぷらと前の広場で道道本別海別海停車場線に接する。規模はRC一部SRC・S造、2階一部3階、延べ5028m²を想定している。

 大ホールは1階に可動席、2階に固定席を置き、合わせて約600席を想定。可動席は折り畳み、平土間としても使えるようにし、選挙の開票所などにも利用できる。1階のホワイエには図書コーナーを設け、バスの待合場所や学生の自習場所として利用できるスペースをつくる。このほか1階には調理実習室や親子連れが遊べるような親子活動室、2階は美術室や和室などを設ける。

 実施計画を札幌日総研、プラテックが地質調査、実施設計は石本建築事務所・エス建築設計事務所共同体が担当した。施設は2021年度中に完成させ、22年4月の供用開始を予定。外構は21、22年度で整備する予定だ。


関連キーワード: 新築 根室

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,443)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (3,845)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,770)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,287)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,996)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。