汚水処理インフラを考える 道浄化槽協会が講習会

2019年03月15日 15時00分

 北海道浄化槽協会の2018年度浄化槽施工・維持管理技術者講習会がこのほど、札幌市内で開かれた。日本環境整備教育センターの国安克彦理事が「汚水処理インフラ施設としての浄化槽」をテーマに講演。浄化槽の施工や保守点検、清掃などに携わる約150人が熱心に耳を傾けた。

 冒頭で道浄化槽協会事業委員会の梅沢裕司委員長が「講習会を日ごろの業務の一助に」と呼び掛けた。

国安理事が浄化槽について解説した

 続いて国安理事が講演。汚水処理には浄化槽のほか、下水道で処理する方法がある。「廃棄物行政というのは、使用者に負担をかけない限りは減量化できない」と指摘。「ご自由にお出しくださいとなったら、どんどん増える一方。下水道は流してしまえば関係がない。汚染者負担の原理にのっとれば浄化槽」と断言した。

 総務省の自治体戦略2040構想研究会は、人口減少と財政の圧迫により、生活に不可欠な行政サービスの提供が危ぶまれるとしている。道内市町村の過去5年間の人口増減数を見ると、5年連続で増えているのは千歳市と札幌市のみ。高齢化率は上昇傾向で、最も高い夕張市は50%を超えている。

 社会インフラの老朽化も進む。「地方自治体は利害関係者や専門家を交えて議論する場を設けなければならない」と指摘。水の使用量に応じた浄化槽の選定が必要だとして、「浄化槽管理士が責任を持って浄化槽を選ぶべき」と主張した。

 並行してフジクリーン工業(本社・名古屋)やハウステック(同・群馬県高崎市)など浄化槽メーカーの展示会を開催。午後は4会場に分かれ、CA型の機器と構造、KTG型の保守点検・清掃・施工についてなどテーマ別に技術や知識を学んだ。


関連キーワード: 下水道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,195)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,386)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,176)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (1,902)
札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (1,630)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。