棒二森屋跡に商業施設など まちづくり協がビジョン案

2019年03月18日 07時00分

 1月末に閉店した棒二森屋店の跡地活用について話し合う函館駅前東地区まちづくり協議会は、整備の基本構想となる函館駅前東地区の将来ビジョン案をまとめた。これまでのイオングループからの提案や地元商業者からの要望に基づき、マンションやホテル、商業施設などで構成するといった整備内容を盛り込んだ。規模など詳細については協議を続ける考えだ。

 14日に市内で開いた第8回会合で、イオンモールや西松建設などで構成する事務局が示した。

 これまでの議論を踏まえ、定住人口増加を狙いとしたマンション、観光客の受け入れや街中のにぎわいにつながるホテル、商業施設の建設を提案。市民らの交流スペースや図書館などといった公共サービスの配置も盛り込んだ。

 都市再開発法に基づく市街地再開発事業で進める方針を掲げ、再開発準備組合を夏ごろをめどに設立するとした。

 これまでにイオン側は、マンション棟を22階建ての約150戸、商業棟を3階建て、商業・ホテル棟を16階建て約200室とする試案を示しているが、案には含めなかった。再開発準備組合の設立後に具体的な協議を進める方針だ。

 この日の会合には関係権利者17者、23人が参加した。最終となる次回会合は4月25日に開く見通し。


関連キーワード: マンション 商業 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,272)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,583)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,419)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (2,089)
札幌・北3東11周辺再開発 22年春全面開業へ
2019年04月16日 (1,843)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第158回は「サウナと二日酔い」。酔いを醒ます効果はなく、逆に心筋梗塞などを引き起こす危険があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。