寒冷地技術生かしロシア参入へ 経産局などがセミナー

2019年03月19日 15時00分

 北海道経済産業局と札幌市は15日、「シベリアビジネスへの挑戦」と題するロシアビジネスセミナーを経産局第1会議室で開いた。ロシアビジネスに関心のある企業や自治体の関係者ら約60人が参加。識者の講演などを通じて、進出の可能性を探った。

 北海道国際交流・協力総合センターの吉村慎司研究員が「シベリア3大都市と現地企業訪問報告」と題して講演した。

 ノボシビルスク市の人口は161万人で、ロシア3番目の大都市。サービス業や学術都市として有名で、中心部にはシベリア北海道文化センターがある。クラスノヤルスク地方は経済力が高い。資源が豊富で、近年は高層ビルやマンションなどが立ち並び、開発が進んでいる。オムスク市の人口は117万人。歴史がある街で、中心市街地はヨーロッパ調に整備されている。

 モノリットホールディングはクラスノヤルスクの大手建設業者。環境に配慮した「スマートタウン」の建設に注力している。設計は日建設計が担っている。

 吉村研究員は「自分の目で見て、自分の問題意識で歩き、自分のシベリアを見つければ、ビジネスにつながることが必ずある」と説いた。

 札幌とノボシビルスクは、姉妹都市として交流している。札幌市国際経済観光局経済戦略室の片岡泰経済戦略推進課長は「シベリアではマイナス30度は普通。道内の寒冷地技術を生かせる場所」だと紹介した。

 しかし、情報に乏しく、現地に進出している日本企業は少ないのが現状だ。2020年には姉妹都市連携を結んで30周年を迎える。「持続的・発展的な経済交流が進めば」と期待した。

 クラウドサービスを提供するイークラフトマン(本社・札幌)の新山将督社長は、17年2月に初めてシベリアを訪問し、IT企業・ベンチャー企業の優秀さを知ったという。

 1月にロシア語ができる人材を得て、2月にロシアのオーラス社と代理店契約を締結した。「日本企業の進出が少ない。現地の企業と先行的に契約できる機会がある。今がチャンス」と強調。成功の秘策として「日本のビジネスの考え方を海外に持ち込もうとせず、現地のルールに合わせればスムーズに話が進む」と助言した。

 このほか、北大国際部国際連携課のロマーエヴァ・マリーナ産学官連携コーディネーターが「日本と中央シベリアの産学官連携の成果や展望」と題して講演した。


関連キーワード: 海外市場

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • イイファス
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,085)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,924)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,134)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,729)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,492)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。