除雪車自動化へ知床横断道路で実験 開発局

2019年03月23日 15時00分

 北海道開発局は19日、斜里町と羅臼町をまたぐ国道334号知床横断道路で、除雪作業の省人力化に向け、最新式の除雪ロータリー車の実証実験を公開した。準天頂衛星「みちびき」によるGPSシステムで正確な作業ができ、投雪装置の自動化も実現している。自動作業が可能な除雪車は、日本で初めてとなる。

 近年、気象変化により道内では冬季の通行止めが増加傾向にあり、経験や技術が必要なオペレーターの高齢化や人手不足も課題となっている。将来的に、十分な除雪作業ができなくなることが危惧されている。

 これを受け、開発局など産官学が除雪作業車にICTを組み込む技術を確立する「i―Snow」が2017年3月に設立。作業の省人力化に向けて検討を進めてきた。現在除雪車での作業は2人体制で進めるのが一般的だが、将来的に1人でも正確で安全な作業ができることを目指している。

 

自動で投雪が可能

 最新式のロータリー車は、準天頂衛星「みちびき」によって正確な位置情報を把握でき、作業箇所の3Dマップデータを搭載していることから、安全で効率的な作業が可能となる。また、前方の雪をかき集めて回転翼で吹き飛ばす「ブロア」の自動化も実現している。

 19年度には、住宅街など繊細な作業で吹き飛ばす雪の方向を変える「シュート」の自動化や、対物事故防止のための安全装置の自動化実験を予定している。20年度には一般道での実験に着手したい考えだ。

 開発局建設部道路維持課の林憲裕道路防災対策官は「除雪作業の課題解決に向け、寒冷地である北海道から全国に取り組みを発信していきたい」と話していた。


関連キーワード: 新技術 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,439)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,278)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (2,188)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (2,091)
札幌西ICフル規格化 署名2万筆集め今夏から要望活動
2019年07月07日 (1,805)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。