除雪車自動化へ知床横断道路で実験 開発局

2019年03月23日 15時00分

 北海道開発局は19日、斜里町と羅臼町をまたぐ国道334号知床横断道路で、除雪作業の省人力化に向け、最新式の除雪ロータリー車の実証実験を公開した。準天頂衛星「みちびき」によるGPSシステムで正確な作業ができ、投雪装置の自動化も実現している。自動作業が可能な除雪車は、日本で初めてとなる。

 近年、気象変化により道内では冬季の通行止めが増加傾向にあり、経験や技術が必要なオペレーターの高齢化や人手不足も課題となっている。将来的に、十分な除雪作業ができなくなることが危惧されている。

 これを受け、開発局など産官学が除雪作業車にICTを組み込む技術を確立する「i―Snow」が2017年3月に設立。作業の省人力化に向けて検討を進めてきた。現在除雪車での作業は2人体制で進めるのが一般的だが、将来的に1人でも正確で安全な作業ができることを目指している。

 

自動で投雪が可能

 最新式のロータリー車は、準天頂衛星「みちびき」によって正確な位置情報を把握でき、作業箇所の3Dマップデータを搭載していることから、安全で効率的な作業が可能となる。また、前方の雪をかき集めて回転翼で吹き飛ばす「ブロア」の自動化も実現している。

 19年度には、住宅街など繊細な作業で吹き飛ばす雪の方向を変える「シュート」の自動化や、対物事故防止のための安全装置の自動化実験を予定している。20年度には一般道での実験に着手したい考えだ。

 開発局建設部道路維持課の林憲裕道路防災対策官は「除雪作業の課題解決に向け、寒冷地である北海道から全国に取り組みを発信していきたい」と話していた。


関連キーワード: 新技術 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (4,788)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,645)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,339)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,012)
6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間...
2021年12月22日 (2,922)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。