災害時の食材提供などで協定 石狩市と石狩市農協

2019年03月24日 12時00分

 石狩市と石狩市農業協同組合は「災害時の食材提供等に関する協定書」を締結した=写真。市本庁舎で15日に締結式を開き、市からは、田岡克介市長ら3人、農協からは中村武史代表理事組合長ら3人が参加した。

 2018年9月に発生した北海道胆振東部地震を踏まえ、地物市場とれのさとで災害時の農作物などの流通や情報発信を強化することが目的。

 協定の具体的な内容は、農協が所有する施設を活用し、情報提供することや避難所や医療機関などへの食材提供、発電機を活用した携帯電話充電サービスの実施のほか、早期営業再開などに関し、市は協力要請ができる。

 今後は市と農協が連携を図り、地物市場とれのさとが災害対応型直売所の第1号として、石狩振興局からのモデル認定を受ける手続きを進める。


関連キーワード: 災害 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • イイファス
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (3,775)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,400)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,918)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,770)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,346)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。