旧社員寮改修し災復業者向け寮が4月中に開業 安平町

2019年03月26日 12時00分

 安平・早来地区に、災害復興の関連業者対象の寮が誕生―北海道胆振東部地震災害復興業者を対象とした寮が4月中に開業する。近隣のゴルフ場運営会社旧社員寮を、間仕切り設置や給排水設備などの修理を施し、32室を備えた新たな寮「明月荘」に再生。開業に向け急ピッチで改修を進めている。

早期開業に向け建物の改装を進めている

 旧社員寮は早来地区の市街地に近い安平町早来北町55に位置する。敷地は延べ4500m²で、建物の規模は軽量S造、2階、延べ981m²。いずれも8畳ワンルームで、32部屋を提供する。うち26部屋には水道設備を設ける予定だ。

 工事は3月から開始しており、給排水設備を修理し、間仕切り設置やクロスなど内外壁を張り替えて、全面的に改装。価格は1泊3食付きで7000円程度を設定し、1部屋に2、3人が宿泊する場合は、値下げすることも検討する。

 元請け施工は、ユウワ建設(本社・苫小牧)が請け負い、寮は山林の売買などを手掛ける恒樹繁(同・安平)の関連会社で、喫茶店などを運営するアロール(同)が担う。

 事業を展開する恒樹繁の小林茂樹社長は「災害復旧業者が厚真、安平、むかわに集まっているが、宿泊施設が足りず困っている業者が多いため、需要が見込めると判断した」と語り「積極的に利用してもらえれば」と期待を寄せる。問い合わせ先は小林社長、電話090―7658―6126。(苫小牧)


関連キーワード: 災害 胆振東部地震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,043)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,958)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,559)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。