旧社員寮改修し災復業者向け寮が4月中に開業 安平町

2019年03月26日 12時00分

 安平・早来地区に、災害復興の関連業者対象の寮が誕生―北海道胆振東部地震災害復興業者を対象とした寮が4月中に開業する。近隣のゴルフ場運営会社旧社員寮を、間仕切り設置や給排水設備などの修理を施し、32室を備えた新たな寮「明月荘」に再生。開業に向け急ピッチで改修を進めている。

早期開業に向け建物の改装を進めている

 旧社員寮は早来地区の市街地に近い安平町早来北町55に位置する。敷地は延べ4500m²で、建物の規模は軽量S造、2階、延べ981m²。いずれも8畳ワンルームで、32部屋を提供する。うち26部屋には水道設備を設ける予定だ。

 工事は3月から開始しており、給排水設備を修理し、間仕切り設置やクロスなど内外壁を張り替えて、全面的に改装。価格は1泊3食付きで7000円程度を設定し、1部屋に2、3人が宿泊する場合は、値下げすることも検討する。

 元請け施工は、ユウワ建設(本社・苫小牧)が請け負い、寮は山林の売買などを手掛ける恒樹繁(同・安平)の関連会社で、喫茶店などを運営するアロール(同)が担う。

 事業を展開する恒樹繁の小林茂樹社長は「災害復旧業者が厚真、安平、むかわに集まっているが、宿泊施設が足りず困っている業者が多いため、需要が見込めると判断した」と語り「積極的に利用してもらえれば」と期待を寄せる。問い合わせ先は小林社長、電話090―7658―6126。(苫小牧)


関連キーワード: 災害 胆振東部地震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,085)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,924)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,134)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,729)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,492)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。