旧社員寮改修し災復業者向け寮が4月中に開業 安平町

2019年03月26日 12時00分

 安平・早来地区に、災害復興の関連業者対象の寮が誕生―北海道胆振東部地震災害復興業者を対象とした寮が4月中に開業する。近隣のゴルフ場運営会社旧社員寮を、間仕切り設置や給排水設備などの修理を施し、32室を備えた新たな寮「明月荘」に再生。開業に向け急ピッチで改修を進めている。

早期開業に向け建物の改装を進めている

 旧社員寮は早来地区の市街地に近い安平町早来北町55に位置する。敷地は延べ4500m²で、建物の規模は軽量S造、2階、延べ981m²。いずれも8畳ワンルームで、32部屋を提供する。うち26部屋には水道設備を設ける予定だ。

 工事は3月から開始しており、給排水設備を修理し、間仕切り設置やクロスなど内外壁を張り替えて、全面的に改装。価格は1泊3食付きで7000円程度を設定し、1部屋に2、3人が宿泊する場合は、値下げすることも検討する。

 元請け施工は、ユウワ建設(本社・苫小牧)が請け負い、寮は山林の売買などを手掛ける恒樹繁(同・安平)の関連会社で、喫茶店などを運営するアロール(同)が担う。

 事業を展開する恒樹繁の小林茂樹社長は「災害復旧業者が厚真、安平、むかわに集まっているが、宿泊施設が足りず困っている業者が多いため、需要が見込めると判断した」と語り「積極的に利用してもらえれば」と期待を寄せる。問い合わせ先は小林社長、電話090―7658―6126。(苫小牧)


関連キーワード: 災害 胆振東部地震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 古垣建設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,080)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,419)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,399)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,257)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,248)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。