道新幹線羊蹄トンネル比羅夫工区が着工 100人が安全祈願

2019年03月27日 15時00分

 北海道新幹線の羊蹄トンネルの比羅夫工区ほかを施工する奥村組・日本国土開発・札建工業・山田組共同体は25日、倶知安町高砂189の坑口付近で安全祈願とシールド機の発進セレモニーを開いた。発注者の鉄道建設・運輸施設整備支援機構北海道新幹線建設局や工事関係者ら100人が参加して無事故無災害を願った。

 倶知安町とニセコ町をまたぐ羊蹄トンネルは全長9750mで、シールド工法とECL工法、NATM工法を複合したSENS工法を採用。施工区間が、羊蹄山の造山活動に伴う比較的柔らかな地盤で、一般的なNATM工法より経済性や工期の面で優位と判断した。

 SENSは東北新幹線三本木原トンネルと道新幹線津軽蓬田トンネルで採用され、羊蹄トンネルは道内で初採用となる。

 このうち、倶知安側から5569m掘削する羊蹄工区は2024年完成を予定している。ニセコ側の有島工区4181mはことし2月に開札している。

シールド機の発進スイッチを押し、本格着工した

 神事では、発注者から依田淳一北海道新幹線建設局長、施工者代表の水野勇一奥村組専務らが玉ぐしをささげ完成までの無事故無災害を祈願。シールド機発進セレモニーには、山本喜裕日本国土開発専務、坂本孝司札建工業社長、山田健一郎山田組社長らも加わりスイッチを押し、着工を祝った。


関連キーワード: トンネル 新幹線

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • イイファス
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,899)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,623)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,037)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,655)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,433)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。