生産・出荷とも2年連続で1000万tを超す 18年の道内砕石

2019年03月29日 12時00分

 経済産業省の統計によると、2018年の道内砕石生産量は1085万㌧で、前年を5%上回った。出荷量は4.3%増の1082万6000㌧。生産量、出荷量ともに2年連続で1000万㌧台に乗った。

 経産省が四半期ごとに公表する「砕石等動態統計調査」を基に集計した。生産量のうち道路用は526万5000㌧、コンクリート用は459万1000㌧、その他は99万4000㌧だった。道路用は5.6%、コンクリート用は5.2%それぞれ増加した。

 道路用でメインのクラッシャーランは346万2000㌧で4.1%伸びた。コンクリート用の単粒度砕石は416万8000㌧で6.3%増加。砕砂は42万5000㌧で3.5%減った。

 出荷量のうち道路用は520万1000㌧、コンクリート用は463万9000㌧、その他は98万6000㌧。道路用、コンクリート用とも4.9%増えた。

 道路用のうち、クラッシャーランは351万2000㌧で5%、単粒度砕石は87万㌧で11.3%それぞれ増加。コンクリート用の単粒度砕石は421万㌧で6.5%上回った。

 18年の市場環境について、日本砕石協会北海道地方本部は「前半は道路用、後半はコンクリート用の伸びが見られ、道内全体の出荷は前年より約5%、生産は約6%増加した。しかし、地域によって出荷量に温度差もあり、課題は続いている」と振り返る。

 札幌市内は市街地再開発に伴い、生コンクリート用が活況。復旧工事などから合材向けも旺盛だった。一方で旭川や室蘭、帯広市内は、合材需要の減少を背景に厳しい声が事業者から聞こえている。

 再生骨材は生産、出荷ともに低調だった。生産量は18万5000㌧で12.8%、出荷量は16万5000㌧で19.1%それぞれ減った。出荷額は2億8300万円で11.2%減。生産、出荷とも道路用のみでコンクリート用はなかった。

2019年3月29日付の北海道建設新聞紙面では、用途・種類別道内砕石出荷量の表を掲載しています。


関連キーワード: 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,314)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,240)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,649)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,451)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (1,931)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。