生産・出荷とも2年連続で1000万tを超す 18年の道内砕石

2019年03月29日 12時00分

 経済産業省の統計によると、2018年の道内砕石生産量は1085万㌧で、前年を5%上回った。出荷量は4.3%増の1082万6000㌧。生産量、出荷量ともに2年連続で1000万㌧台に乗った。

 経産省が四半期ごとに公表する「砕石等動態統計調査」を基に集計した。生産量のうち道路用は526万5000㌧、コンクリート用は459万1000㌧、その他は99万4000㌧だった。道路用は5.6%、コンクリート用は5.2%それぞれ増加した。

 道路用でメインのクラッシャーランは346万2000㌧で4.1%伸びた。コンクリート用の単粒度砕石は416万8000㌧で6.3%増加。砕砂は42万5000㌧で3.5%減った。

 出荷量のうち道路用は520万1000㌧、コンクリート用は463万9000㌧、その他は98万6000㌧。道路用、コンクリート用とも4.9%増えた。

 道路用のうち、クラッシャーランは351万2000㌧で5%、単粒度砕石は87万㌧で11.3%それぞれ増加。コンクリート用の単粒度砕石は421万㌧で6.5%上回った。

 18年の市場環境について、日本砕石協会北海道地方本部は「前半は道路用、後半はコンクリート用の伸びが見られ、道内全体の出荷は前年より約5%、生産は約6%増加した。しかし、地域によって出荷量に温度差もあり、課題は続いている」と振り返る。

 札幌市内は市街地再開発に伴い、生コンクリート用が活況。復旧工事などから合材向けも旺盛だった。一方で旭川や室蘭、帯広市内は、合材需要の減少を背景に厳しい声が事業者から聞こえている。

 再生骨材は生産、出荷ともに低調だった。生産量は18万5000㌧で12.8%、出荷量は16万5000㌧で19.1%それぞれ減った。出荷額は2億8300万円で11.2%減。生産、出荷とも道路用のみでコンクリート用はなかった。

2019年3月29日付の北海道建設新聞紙面では、用途・種類別道内砕石出荷量の表を掲載しています。


関連キーワード: 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,134)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,162)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,528)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,204)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,094)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。