札幌都心再生へ尽力 まちづくり推進室長の高森氏が退職

2019年03月30日 12時00分

 建物が更新期を迎える札幌の都心まちづくりの実務を14年にわたり担ってきた札幌市の高森義憲まちづくり政策局都心まちづくり推進室長(60)が退職を迎える。札幌創世1・1・1区(さんく)など多くの再開発に携わった。一線での役割は後進に委ねるが、人柄やその経験から第二の人生でも活躍が期待される。

 2005年4月に係長職で都心まちづくり部門に配属後、課長、室長と一筋に歩み、まちづくりの骨格形成や、再開発の仕掛けを担ってきた。

 これらの功績は市議会も認める。民主市民連合のふじわら広昭会長は3月の市議会予算委員会で、退職を惜しみながら「室長がつくり上げた骨格を役立て、都心再整備を進めてほしい」と賛辞を贈った。

 14年前、最初の仕事は、札幌創世1・1・1区の再開発に道筋を付けることだった。

 第一歩として、北1西1街区の地権者に働き掛け勉強会を立ち上げた。12年後、そこには都心を象徴するランドマークビル・さっぽろ創世スクエアが開業した。

 振り返れば事業参画者の撤退と変遷、経済環境の悪化など厳しい局面もあったが、人とのつながりを大切にし、築いた信頼関係で乗り越え、事業化の道筋を付けた。

 人が行き交い、にぎわいを生み出す今の様子に「一番思い出に残る仕事。本当に手掛けてよかった」と実感する。退職後は経験を生かし「民間の側から、まちづくりを下支えしたい」と語り、活躍はこれからも続く。

(2019年3月29日付20面より)


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,056)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,387)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,382)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,009)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (988)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。