JR北海道の19年度設備投資額は377億円

2019年04月01日 18時00分

 JR北海道は3月29日、総額377億円の設備投資を含む2019年度の事業計画を発表した。輸送設備の維持更新に163億円、経営の体質改善に73億円を計上。札幌市内で3棟目となるホテルJRイン、空知運転所跡地での太陽光発電所の新設をそれぞれ計画し、経営基盤の強化につなげる考えだ。

 設備投資計画を見ると、北海道新幹線札幌延伸の効果が発現する31年度の経営自立を目指すため、鉄道事業に加え、ホテルやマンションなど不動産事業の取り組みを強化する。

 ホテルJRインは、札幌市内に3棟目を計画。19年の着工、20年の開業を目指している。

 札幌近郊の駅構内にあるキヨスクの店舗のうち2店をセブンイレブンに転換する考え。道新幹線札幌開業を視野に札幌駅エキナカ開発の検討を進める。

 社宅跡地の活用では、札幌市東区にある旧青雲寮と、中央区の旧啓北寮でサービス付き高齢者向け住宅の開発に着手する。また、再生エネルギーへの投資として、遊休地となっている岩見沢市内の空知運転所跡地に大規模な太陽光発電所を設ける。

 輸送設備の維持更新では、青函トンネルの列車火災検知装置改修、高架橋の耐震補強、総合防災情報システムの更新など安全基盤の強化を図る。駅のバリアフリー化も推進する。

 このほか、民族共生象徴空間「ウポポイ」のオープンに向けた白老駅周辺整備などを進める。

 車両には117億円を措置。261系特急気動車やH100形電気式気動車を新製するほか、電車・気動車の重要機器を取り換える。


関連キーワード: 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (2,222)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,078)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,619)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,388)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,021)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。