釧路港のクルーズ船寄港 18年度の経済効果は3.2億円

2019年04月02日 15時00分

 釧路市と釧路公立大地域経済研究センターは、2018年度のクルーズ船寄港による経済波及効果を3億2000万円と算出した。乗員・乗客1人当たりの平均消費額は1万円弱で、ツアーバスやタクシーなどの運輸・通信業、外食や土産品購入などのサービス業と商業などへの経済効果が大きかった。

 クルーズ船の乗客・乗員にアンケート(回収数630件、回収率12.7%)を実施し、釧路市産業連関表を用いて算出した。

 18年度に釧路港へ寄港したクルーズ船は18隻あり、乗客は日本人5723人、外国人9949人、乗員は7641人の合わせて2万3313人に上る。

 1人当たりの平均消費額は全体が9666円で、ツアーの乗客が1万4026円、フリーの乗客が9135円、乗員が6925円という状況。

 ツアー客の場合はオプショナルツアーの代金が7847円とおよそ半分を占め、買い物代に4579円、飲食費に1216円などを消費した。

 フリー客は買い物代3586円、飲食費2757円、レンタカー代を含む交通費2482円、乗員は買い物代4486円、飲食費1769円、交通費649円などを使っている。

 買い物代のうち最も消費額が高かったのは水産品で、逆に農産品・乳製品は消費額が低く、酪農のイメージが伝わっていないことがうかがえる。

 直接効果は2億2000万円余りだが、市内での原材料生産増につながった1次波及効果は5600万円余り、これらの生産増が雇用者の所得増や市内での消費増をもたらした2次波及効果は4500万円余り。

 総合効果は、漁業などの第1次産業が約1500万円、製造業などの第2次産業が約1400万円だったのに対し、運輸・通信業やサービス業、商業が含まれる第3次産業は約2億9500万円と圧倒的に大きかった。

 この結果を踏まえ、市と同センターは地元産品を積極的に販売するなど1次、2次産業にも波及する取り組み、買い物できる場所の確保や市街観光の魅力向上、どんな属性の顧客からも満足されるような取り組みを進め、より波及効果を高めていく必要があると分析している。


関連キーワード: 港湾 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • web企画
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (4,014)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,684)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,099)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,719)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,482)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。