釧路港のクルーズ船寄港 18年度の経済効果は3.2億円

2019年04月02日 15時00分

 釧路市と釧路公立大地域経済研究センターは、2018年度のクルーズ船寄港による経済波及効果を3億2000万円と算出した。乗員・乗客1人当たりの平均消費額は1万円弱で、ツアーバスやタクシーなどの運輸・通信業、外食や土産品購入などのサービス業と商業などへの経済効果が大きかった。

 クルーズ船の乗客・乗員にアンケート(回収数630件、回収率12.7%)を実施し、釧路市産業連関表を用いて算出した。

 18年度に釧路港へ寄港したクルーズ船は18隻あり、乗客は日本人5723人、外国人9949人、乗員は7641人の合わせて2万3313人に上る。

 1人当たりの平均消費額は全体が9666円で、ツアーの乗客が1万4026円、フリーの乗客が9135円、乗員が6925円という状況。

 ツアー客の場合はオプショナルツアーの代金が7847円とおよそ半分を占め、買い物代に4579円、飲食費に1216円などを消費した。

 フリー客は買い物代3586円、飲食費2757円、レンタカー代を含む交通費2482円、乗員は買い物代4486円、飲食費1769円、交通費649円などを使っている。

 買い物代のうち最も消費額が高かったのは水産品で、逆に農産品・乳製品は消費額が低く、酪農のイメージが伝わっていないことがうかがえる。

 直接効果は2億2000万円余りだが、市内での原材料生産増につながった1次波及効果は5600万円余り、これらの生産増が雇用者の所得増や市内での消費増をもたらした2次波及効果は4500万円余り。

 総合効果は、漁業などの第1次産業が約1500万円、製造業などの第2次産業が約1400万円だったのに対し、運輸・通信業やサービス業、商業が含まれる第3次産業は約2億9500万円と圧倒的に大きかった。

 この結果を踏まえ、市と同センターは地元産品を積極的に販売するなど1次、2次産業にも波及する取り組み、買い物できる場所の確保や市街観光の魅力向上、どんな属性の顧客からも満足されるような取り組みを進め、より波及効果を高めていく必要があると分析している。


関連キーワード: 港湾 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,245)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,226)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,594)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,548)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,530)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。