未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い タカフジ興産 佐藤万菜保さん

2019年04月02日 07時00分

女性現場監督として期待

佐藤万菜保(さとう まなほ)さん

 この春、商業・福祉施設からマンション・工場・事務所など幅広い建物の建設を手掛けるタカフジ興産(本社・札幌)に入社した。同社初の女性現場監督としての活躍が期待されている。

 ものづくりに関わるのが小さい頃からの夢だった。「建物は多くの人が使うし、まちにとって欠かせない」と思い、建築分野に関心を向けた。

 函館工高建築科を3月に卒業。11日から札幌市内の商業施設新築現場などを見学した。「仕事を早く、しっかりと正確にやっていて、職人の技はすごい」と驚いた。「教科書からでは分からなかったことがある。現場を見て知識が深まった」と言う。付いていくのに必死だが、日々新しい発見があり「楽しい、面白い」と笑顔を見せる。

 設計やインテリアの仕事に進む同性の同級生が多かったが、「まちの一部となる建物を、自分が管理をして建てたい」との思いから施工管理の道を選んだ。

 工事が滞りなく進むよう、現場全体を見て管理する重要な役割を担う。「図面の作製や現場の流れを習得し、もっと成長して女性の施工管理技術者として認められたい。自分が建てた建物が見たい」と目を輝かせる。

 2001年2月3日生まれ、函館市出身。小・中学とバレーボール選手として活躍し、高校では男子バレーボール部のマネジャーを務めた。ジグソーパズルをするのが好き。「よくやるのは大きめの2000ピースのもの」で、ディズニーや猫の絵柄がお気に入りだ。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,043)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,958)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,559)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。