道新幹線の19年度建設費は567億円 国縫トンネルに着工

2019年04月02日 07時00分

 鉄道・運輸機構は1日、2019年度の鉄道建設事業概要と発注見通しを公表した。北海道新幹線の建設事業費は567億円で、前年度当初比41・8%増。このうち新函館北斗―札幌間には487億円を投じる。WTO対象はトンネル工事4件を予定。延長約1300㍍の国縫トンネルに着工するほか、後志トンネル天神工区ほか着工済みトンネルの新工区を発注する。北斗市内では市渡高架橋などにも着工する。

 新函館北斗―札幌間の工事発注は19年度もトンネルが中心となる。発注が19年度にずれ込んだ長万部町の国縫トンネルほかでは、山岳工法による1340㍍と路盤60㍍の施工を第2四半期(7―9月)に入札する。

 小樽市内の後志トンネル天神工区ほかは、トンネル4480㍍の施工などを第3四半期(10―12月)に入札。山岳工法で3240㍍を施工する赤井川村内の二ツ森トンネル明治工区ほかと、4000㍍施工する小樽市内の札樽トンネル銭函工区はともに第4四半期(20年1―3月)の執行を予定している。

 このほか条件付き一般競争では、市渡高架橋ほかとして高架橋90㍍、橋梁110㍍、路盤80㍍、補強土壁120㍍などを第4四半期に入札する。

 委託業務では、札幌市内の車両基地路盤や高架橋の詳細設計、橋梁や盛り土設計のための地質調査などを盛り込む。

 鉄道・運輸機構の新幹線に関する19年度事業費は、新函館北斗―札幌間が前年度当初比31・6%増。供用済みの新青森―新函館北斗間には2・7倍の80億円を計上し、知内町―北斗市間の保守設備設置などに充てる。

 2019年4月2日付の北海道建設新聞(9面)に工事情報を掲載しています。

関連キーワード: 新幹線

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 東宏
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

東日本高速道支社が道東道4車線化で2トンネルに着工...
2023年08月28日 (2,484)
ラピダス次世代半導体工場で起工式 
2023年09月01日 (2,316)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,496)
ラピダス工場着工 道内で歓迎の声
2023年09月01日 (1,425)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,319)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。