道内のガソリン上値重い展開 旭川などでコスト転嫁進まず

2019年04月04日 15時00分

 道内のガソリン、軽油市況が上値の重い展開になっている。石油元売りの特約・販売店向け卸価格はじりじりと値上がり傾向にあるが、旭川や帯広など激戦区を中心とした販売競争から、上がったり下がったりを繰り返している。札幌は1㍑当たり141・8円が中心値で、2月から行き詰まりの状態にある。

 資源エネルギー庁の調査によると、3月25日時点の道内ガソリン平均価格は145・8円。3月1週目は3・3円上昇したものの、2週目は1円、3週目は0・6円値下がりし、4週目で1円上昇した。1カ月のトータルでは2・7円の値上がりにとどまった。軽油も同様の展開にある。

 アジア指標原油となる中東産ドバイ原油は、3月下旬で1当たり66㌦から67㌦ほどで推移。2月下旬に比べ1―2㌦ほど上昇している。対ドルの為替相場は111円台で大きく動いていない。

 石油元売りの卸価格は系列によって違いがあるものの、3月の1カ月間でおおむね1―2円ほど上昇したもよう。しかし帯広や旭川は、長引く価格競争から目立ったコスト転嫁には至っていない。

 札幌はセルフ式スタンドを中心に141・8円が大勢。3月上旬は卸価格の上昇からフルサービス店を中心にコスト転嫁が進んだが、安値量販店などの追随が続かず、元の水準に戻っている。

 上川管内の石油販売業者は「元売りが3強の時代になったので、昔のような量販競争は起こりにくくなると思う。期待値も込め、極端な市況の乱高下は少なくなるのでは」とみている。

 朝晩を中心に依然として降雪に見舞われるものの、灯油商戦は4月とともに終盤を迎えた。3月25日時点で店頭売りは90・6円、配達売りは92・4円。1月から大きな値動きがなく、堅調な推移でシーズンが終わろうとしている。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,254)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,049)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (1,879)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,810)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,332)

連載・特集

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第175回は「飲み疲れ」。お酒や食事で酷使した肝臓を労るには断酒や睡眠のほかアミノ酸を含む食品を積極的に取ることです。

連載 重大NEWS2019令和元年を振り返る

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
人口減少社会の到来を見据え、経済や 社会の構造が大きく変わろうとする、令和元年のニュースを振り返る。