道内の建設業許可業者 4年ぶりに増加 

2019年04月06日 15時00分

 2018年度末(19年3月末)時点の道内建設業許可業者数は、大臣と知事許可を合わせて1万9523者で、前年度末よりも45者増加した。年度末の許可業者数が前年度を上回るのは4年ぶり。石狩管内が47者増となったことが大きな要因だが、渡島と上川も10者前後伸びている。また、前年度を下回った管内についても減少幅を縮めたところが多い。

 北海道開発局と道のまとめ。内訳は、大臣が168者と前年度末と比べて5者減ったが、知事は50者増の1万9355者となった。

 管内別で見ると、前年度末より増加したのは5管内で、石狩は7880者となった。このほか、渡島が11者増、上川が9者増、胆振と宗谷が各1者増となった。一方、減少したのは7管内。オホーツクと釧路が各6者減、空知と十勝が各3者減、後志、日高、桧山が各2者減となっている。留萌と根室は増減なしだった。

 3月単月では、前月末に比べて2者増加。大臣が1者減少し、知事が3者増加した。管内別では石狩が10者、日高が1者それぞれ増えたが、6管内で減少した。

 18年度の動きを見ると、5月から3カ月連続で前月比2桁増と大きく伸び許可業者数を回復している。その後は8、9月が減少したものの、10月に再び2桁増を記録し、1月末時点に18年度ピークの1万9542者となった。

 道内の建設業許可業者数は15年7月末に2万者を割り込んだ。その後、の業者数は15年度末が1万9743者、16年度末が1万9557者、17年度末が1万9478者となっている。

 2019年4月3日付の北海道建設新聞(1面)に「管内」「大臣許可」「知事許可」別の建設業許可業者数一覧を掲載しています。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (4,014)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,684)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,099)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,719)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,482)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。