八海酒造がニセコ町でウイスキー生産へ

2019年04月07日 12時00分

 日本酒・八海山を製造する八海酒造(新潟県南魚沼市長森1051、南雲二郎社長)は、ニセコ町内でウイスキー蒸留所の新築を計画している。近く設計者を決め、9月にも着工する予定。2020年末の生産開始を目指す。

 ニセコ町ニセコのニセコ温泉いこいの湯宿いろはに隣接する町有地約9900平方㍍を賃借して新築する。投資額は5億円を見込む。

 規模は延べ約1200平方㍍。年間生産能力は90㌔㍑。ウイスキーの蒸留には3―5年が必要とされるため、期間が短いジンも造る考え。飲食や販売スペースを設け、ここで生産した酒類だけを提供する。

 ニセコエリアには、国内外から多くの観光・スキー客が訪れている。将来の海外進出を見据え、外国人の反応を検証することも考慮し、ニセコ町での建設を決めた。大麦などの原料は地元産の使用も検討している。

 同社の販売向け蒸留施設としては、新潟以外では初となる。

(北海道建設新聞2019年4月1日付2面より)


関連キーワード: 建築 後志 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,206)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,101)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,739)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,513)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,502)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。