女性、高齢者向けトラックの在り方を提案 全ト協と国交省

2019年04月08日 15時00分

 全日本トラック協会と国土交通省は、女性や高齢のドライバーが運転しやすいトラックの在り方をまとめた。女性をはじめとする多様な人材の確保と、ドライバーが高齢化しても働きやすい環境を整備するのが目的。メーター類を大型化したり、死角になりやすい後部下方をカバーする2面鏡式ミラーの採用などを提案している。

 学識経験者や運送事業者、業界団体などの関係者で構成する検討会を2018年3月に設置。女性や高齢ドライバーが運転しやすいトラックについて考えた。今後、車両や架装のメーカー、運送事業者などに周知する。

 最新のトラックで高評価された事項は、大きなステップやロンググリップを採用し、キャビンを乗り降りしやすくしている点。径や文字サイズを大きくするなどメーター類の見やすさもポイントとなった。

 車両や架装のメーカーが用意しているオプション例では、格納式のリアステップや荷台乗降用グリップなどがあるものの、運送業者側にあまり知られていなく、情報の共有化が必要だと指摘した。

 女性や高齢ドライバーの改善要望では、小物入れなど収納スペースの充実や日差しへの配慮が挙がった。後部ドア開閉時の負担軽減、ステップを使った荷台の乗降性改善なども示した。


関連キーワード: 商用車 物流

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,043)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,958)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,559)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。