安平町道の駅「あびらD51ステーション」が19日に開業

2019年04月16日 12時00分

 安平町が追分地区で建設を進めてきた道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が19日、開業する。道内では124駅目で、国道234号沿線では初。町の鉄道遺産であるD51などを活用し、魅力を町外に広くアピールする狙いだ。

 総工費7億100万円を投じ追分柏が丘49の1に完成した同駅は、センターハウスと直売所、鉄道資料館の構成。2017年6月に着工し、18年10月に完成した。

 敷地面積は5744m²で、規模はセンターハウスがS造、平屋、延べ905m²。直売所がW造、平屋、延べ146m²。鉄道資料館はS造、平屋、延べ320m²となる。

 センターハウスにはレガシーギャラリーを設け、D51運行当時の資料映像や写真を展示。来場者が昭和を懐かしみ、休憩できるほか、追分駅の駅名標やD51のナンバープレートなどを展示した鉄道資料館を併設している。

新たな観光名所となるあびらD51ステーションの外観

 11、12の両日開いた内覧会には町民ら約200人が訪れた。及川秀一郎町長は「来場者の笑顔があふれている。オープンが楽しみ」と期待を込めた。

 北海道胆振東部地震の影響で遅れている車両搬入は6月ごろ完了し、D51とキハ183系が駐車場に隣接して展示される予定だ。

工事メモ

 ▽主体=森本組・サン技建JV▽電気=オリオン電工・大西電気JV▽機械=進興工業・広和工業JV▽外構=丸彦渡辺建設・渡辺建設JV▽設計=ドーコン


関連キーワード: 胆振 観光 道の駅 道路 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,272)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,583)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,419)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (2,089)
札幌・北3東11周辺再開発 22年春全面開業へ
2019年04月16日 (1,843)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第158回は「サウナと二日酔い」。酔いを醒ます効果はなく、逆に心筋梗塞などを引き起こす危険があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。