安平町道の駅「あびらD51ステーション」が19日に開業

2019年04月16日 12時00分

 安平町が追分地区で建設を進めてきた道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が19日、開業する。道内では124駅目で、国道234号沿線では初。町の鉄道遺産であるD51などを活用し、魅力を町外に広くアピールする狙いだ。

 総工費7億100万円を投じ追分柏が丘49の1に完成した同駅は、センターハウスと直売所、鉄道資料館の構成。2017年6月に着工し、18年10月に完成した。

 敷地面積は5744m²で、規模はセンターハウスがS造、平屋、延べ905m²。直売所がW造、平屋、延べ146m²。鉄道資料館はS造、平屋、延べ320m²となる。

 センターハウスにはレガシーギャラリーを設け、D51運行当時の資料映像や写真を展示。来場者が昭和を懐かしみ、休憩できるほか、追分駅の駅名標やD51のナンバープレートなどを展示した鉄道資料館を併設している。

新たな観光名所となるあびらD51ステーションの外観

 11、12の両日開いた内覧会には町民ら約200人が訪れた。及川秀一郎町長は「来場者の笑顔があふれている。オープンが楽しみ」と期待を込めた。

 北海道胆振東部地震の影響で遅れている車両搬入は6月ごろ完了し、D51とキハ183系が駐車場に隣接して展示される予定だ。

工事メモ

 ▽主体=森本組・サン技建JV▽電気=オリオン電工・大西電気JV▽機械=進興工業・広和工業JV▽外構=丸彦渡辺建設・渡辺建設JV▽設計=ドーコン


関連キーワード: 胆振 観光 道の駅 道路 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • オノデラ
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,434)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,283)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (2,196)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (2,110)
札幌西ICフル規格化 署名2万筆集め今夏から要望活動
2019年07月07日 (1,803)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。