「北海道ふっこう割」道外の認知度3割に届かず

2019年04月17日 15時00分

 インテージ(本社・東京)札幌事業所は「北海道ふっこう割」の効果と「札幌大通公園で行われる大型イベント」に関する調査結果をまとめた。北海道ふっこう割の道外での認知度は3割未満。利用のハードルとなったのは、情報不足と利用枠不足であることが分かった。

 道内529人、道外546人を対象にアンケートをした。期間は2018年12月13日から14日まで。

 北海道ふっこう割は、北海道胆振東部地震で落ち込んだ観光需要を早期に回復するため、国や道、民間事業者が連携して道内の旅行商品や宿泊料金を割引する制度。18年10月に始まり、19年3月で終わった。

 北海道ふっこう割を知っていたか尋ねたところ、道民の72%は認知していた一方、道外の人は28%にとどまった。道外の認知者のうち「利用したい」と答えたのは64%。実際に「利用した」のは6%だった。

 制度は知っていたが利用しなかった人に、どんな点が利用のハードルになったかを自由回答で質問した。「詳細が分からない」「利用方法が分からない」といった情報発信に関する課題や、「募集が終わっていた」「枠がいっぱいで利用できなかった」といった予約枠の設定に対する課題が浮き彫りとなった。

 また、大通公園で開かれる「さっぽろ雪まつり」「さっぽろ夏まつり」「さっぽろオータムフェスト」「さっぽろライラックまつり」「ミュンヘン・クリスマス市in Sapporo」の5つのイベントを対象に、認知度と参加経験を調べた。

 道民は、ミュンヘン・クリスマス市を除き認知率が90%以上。参加経験は雪まつりが66%で最も多く、夏まつりとオータムフェストが約40%、最も少ないライラックまつりで約20%だった。

 道外の人に限ると、雪まつりが93%で、他のイベントと比べて圧倒的に認知率が高かった。夏まつりとライラックまつりは30%台。オータムフェストとミュンヘン・クリスマス市は13%だった。

 参加経験は、さっぽろ雪まつりが14%。このほかのイベントは2―3%と低かった。

 道民、道外の人ともに満足度が高いのは、夏まつりとオータムフェスト。「地域の料理が食べられる」「食べ歩きしやすい」といった、食を満足できる点が評価された。


関連キーワード: 災害 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • イイファス
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,059)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,984)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,508)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,450)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,325)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。