札幌・山鼻に工場併設の高齢者住宅構想 カレスサッポロ

2019年04月18日 07時00分

 社会医療法人社団カレスサッポロ(札幌市中央区北1条東1丁目2の5、大城辰美理事長)は、札幌市山鼻地区でクリーニング工場を併設した高齢者向け住宅の新築を構想している。3日に旧北海道拓殖銀行の寮だった建物と敷地約1700m²を取得。2024年ごろの建設を見通す。同法人が手掛けるホテルなどのリネン類を扱い、施設入居者らへの雇用につなげる考えだ。

 同法人が展開している、訪問看護や介護ステーションなどを設けた地域包括ケア拠点施設「カレスプレミアムガーデン」とする。概要は未定だが、家事補助を充実させ、東区北12条東4丁目にある施設とは、コンセプトに違いを持たせる考えだ。

 洞爺湖町内で6月の開業を予定する「ホテルプレミアム・レイク トーヤ」などのリネン類を扱うクリーニング工場を併設。入居者に加え、障害者の雇用も創出する予定だ。

 建設地は札幌市中央区南16条西14丁目1の20。旧拓銀寮で、ベネッセコーポレーションのグループ会社が介護サービス施設として利用していた建物がある。現在は解体を進めている。

 同法人は10月、カレスプレミアムガーデン北円山(札幌市中央区北4条西18丁目)に着工する。ドーナツやベーグルを専門とする「ふわもち邸」の工場を設け、フレックスタイムで働くことができるようにする。

 山鼻地区での新施設について大城理事長は「北4条での大きな投資があるため、5年程度先になる」と説明。解体後しばらくは、有料駐車場として活用する見通しだ。


関連キーワード: 医療福祉 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,136)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,930)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,104)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,735)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,504)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。